テーマ:徳川吉宗

日本史の「微妙」11 将軍トライアル評判記

立派な君主、すぐれた君主のことを「名君」と言います。 また、長い歴史の中で一度衰えたり途絶えたりしてしまった事や物を復興 させることを「中興」といい、そうした「中興」を成し遂げた祖先に対して は「中興の祖」という呼び方も用意されています。 ちなみに、「中興の祖」をもう少し深追いしてみると、この程度の意味合い になるようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「言葉」28 そのセリフ実は我に非ず

歴史の中には、まさに時代を切り取ったかのような言葉・セリフが登場する ことがあります。 たとえば、~平家にあらずんば人にあらず~ 武士階級がようやく頭角を現し始めた平安時代末期に登場した言葉です。 でも、このセリフを吐いた人物を、平家総帥・平清盛(1118-1181年)だと 思っている人も少なくないようで、なぜそんなことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「パクリ」14 忘れん坊将軍の悪巧み

徳川幕府(1603-1867年)が諸大名を管理・コントロールするため設けた御家の 「格付け」(家格)を少し整理してみると、概ねこんな具合になりそうです。 ○将軍家/幕祖・徳川家康(1543-1616年)を祖とした最高の家格を誇る。   →江戸幕府の長・征夷大将軍を建てるべく徳川本家。 ○御三家/親藩の中で最高位のランクであり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「発明発見」19 町医者と将軍の福祉コラボ

御三家・尾張家との間に引き起こされた激しい後継争いの末、最終的に 八代将軍の座に就いた紀州家出身の徳川吉宗(1684-1751年)は、後に 「享保の改革」(1716-1745年)と呼ばれる政治改革に取り組みました。 この意気込みの背景には、七代将軍・徳川家継(1709-1716年)の後継者を 巡る尾張藩との間で繰り広げられた経緯…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「タブー」03 コメ将軍の”贅沢は敵だッ”

将軍本家ではなく御三家の一つ紀州藩の出身で第8代将軍に就いたのが 徳川吉宗(1684-1751年)で、後に「享保の改革」(1716-?年)と呼ばれた 幕政改革に乗り出しています。(将軍在任1716-1745年) そうした大仕事に敢えて取り組んだのも、本家出身でないことに幾分の 引け目があってのことだったかもしれません。 そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「事始め」01 名君?は”オンチ”が大嫌い

御三家筆頭の尾張家第七代藩主・徳川宗春(1696-1764年)が 著した本「オンチせいよう」とは、「音痴専用」カラオケマイクの ことではなく、意外にも「温知政要」と書きます。 それは施政の大綱とか家臣の心得などに触れたもので、 藩主に就任(1730年)した年に着手、翌年脱稿、そして、そのまた 翌年(1732年)には主だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「逆転」06 将軍家激震スキャンダル

そもそもは、江戸城・大奥の御年寄(取締役?)の帰城が 門限に遅れたという些細な?出来事が発端でしたが、そこへ 大奥・幕臣・徳川各家の派閥争いが絡んだ?ものか、事態は 奇怪な展開をみせました。 その経緯は、ざっとこんなものです。 この日(1714年)、大奥・絵島(江島)は将軍(七代・家継)の名代 として、先代将軍(六代・家…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日本史の「忘れ物」11 時代の透明人間

庶民の暮らしぶり・・・歴史の中でも案外よく分かっていないのが、 ここのところだという話を耳にしたことがあります。 なるほど、そりゃあそうかも・・・みんながみんな朝日文左衛門の 真似をするわけにはいきませんものネ。 何を食べていたのか、どんな家財道具があったのかなど 日常生活については、分からないことの方が多いくらい だそ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「謎解き」07 ”家”のない四人の将軍

ワタシ自身は昔からこのことに少なからず疑問を感じている のですが、そのわりに世間様は静かですので、結局のところ それほどの疑問ということではないのかもしれません。 江戸幕府には初代・家康から十五代・慶喜まで、延べ十五人の 将軍を数えますが、そのほとんど(11人)は名前の先頭に 「家」の字が付いています。 もちろん、こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「ツッパリ」03将軍と墓石入牢

八代将軍・吉宗と尾張藩・宗春、この二人、相性が悪かった。 不倶戴天の敵(ふぐたいてんのてき)と言ってもいい。 ちなみに語呂は少し違うが、フグの大天敵(ふぐのだいてんてき) とは、実はグルメ人間(美食家)のことである。 徳川家康は晩年に誕生した三人の男子に将軍家に次ぐ地位を 与えている。九男・義直(尾張藩)、十男・頼宣(紀州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~ホトトギスは鳴かない~

鳴かぬなら・殺してしまえ・ほととぎす (織田信長) 鳴かぬなら・鳴かせてみせよう・ほととぎす (豊臣秀吉) 鳴かぬなら・鳴くまで待とう・ほととぎす (徳川家康) 三人の武将の気性を的確に詠っているとされているのだが、 実はこの三人以外にも同じテーマを詠っていた人物が 多数いたことが解かってきているので、まずはご報告。 こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more