テーマ:参勤交代

日本史の「大雑把」04 外様の朱子学逆手取り

江戸時代に諸藩が国許と江戸を行き来したいわゆる「参勤交代」の 大名行列は、決して京を通過しなかったし、また京で宿泊することも なかったそうです。 もっともこれは京付近を経由する必要があった西国の大名行列に限ります。 京より東に位置する諸藩がさらに東の江戸を目指すのに、わざわざ西に 戻る形で京を迂回通過する必要はありませんからね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「逆転」16 アメでムチを忘れたか!

「飴と鞭」」(アメとムチ)という言葉は、一般的に、国民に対する 為政者の「懐柔策と弾圧策」という意味で使われています。 つまり、上の者が下の者を上手くコントロールしようとするなら、 「厳しさ(ムチ)」だけでは十分でなく、適度の「褒美(アメ)」も 必要だとする考え方といったところでしょうか。 それなら、為政者としての江戸幕府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「油断」04 武家諸法度の三日坊主

武家の統制を目的とした「武家の憲法」とも言うべき 「武家諸法度」※は、徳川幕府初代将軍・家康の命により 二代・秀忠がまとめ上げ(元和令/1615年)、それ以降、次の ように数度の改訂?が加えられました。 ○寛永令(1635年) 三代・家光 →参勤交代/大船の建造禁止 ○寛文令(1663年) 四代・家綱 →キリスト教禁教を明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「冗談?」06 ゆっくり急げ!大名行列

少し昔のことですが、本当にあったらちょっとコワイものとして 「千手観音の往復ビンタ」とか「全力疾走する大名行列」などを 挙げていたコミックソングがありました。 野暮な説明になりますが、「大名行列」といえば、現代人なら 大多数が、映画で観るように毛槍持ちの奴さんを先頭に 「下に~い、下に~い」と声をかけながらゆったりゆったり…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more