テーマ:出雲大社

日本史の「油断」09 史実と伝説行ったり来たり

天孫降臨の折、天照大神は地上に降りる皇孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を こんな言葉で送り出したようです。 ~この日本の国は私の子孫が王となるべき地なのですから、皇孫である   あなた(瓊瓊杵尊)が行って治めなさい。 いいこと、ここのところが特に   大事なことですが、皇室が栄えることは天地がある限り永遠なのですよ~ しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「信仰」07 夫婦天皇の合葬は何のため?

夫に当たる第40代「天武天皇」(生年不明-686年)とその妻だった第41代 「持統天皇」(645-703年/女帝)、このこの「御夫婦天皇」が眠る「陵」 (桧隈大内陵/奈良県)は、「合葬陵」?の形式になっているとのことです。  ※天皇の諡号はいずれも崩御後に付けられたものですが、便宜上 ここでは   諡号を優先した表記にしています…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more