テーマ:台与

日本史の「謎解き」29 豊前豊後はトヨのくに

昔々の大昔、戦国の織田信長も源平の源義経も、それどころか飛鳥の 聖徳太子すらもまだ生まれていなかった三世紀頃、九州の一角に 「豊国(とよのくに)」と呼ばれる地域がありました。 九州の東北部に位置し、現在の地名なら福岡県東部および大分県全域に 相当する地域です。 おそらくは、地形的に安定した収穫を得られる豊かな地であったこと…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more