テーマ:源実朝

日本史の「陰謀」29 女傑は婚家粛清も厭わない

歴史の劇的変化の時期には、その主役もどきの人物が登場するものです。 例を挙げるなら平家滅亡に至る時期がまさにその通りで、実際ここの局面 では「奇跡の三連戦三連勝」※を成し遂げた源義経(1159-1189年)の活躍 に目を奪われて他のことにはあまり意識が向かないものです。 ※一の谷の戦い 1184年/屋島の戦い 1185年/壇ノ浦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「油断」08 鎌倉殿暗殺事情三代記

源頼朝が創立したいわゆる「鎌倉幕府」・・・そのトップである「鎌倉殿」の (征夷大将軍)の座には、当初の間頼朝とその息子達が就きました。 これは血統を重視した方法ですが、よほど日本人の感性にフィットして いたものか、後の室町幕府(1336-1573年)も江戸幕府(1603-1868年)も 踏襲しています。 ただ鎌倉幕府については、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more