テーマ:頼山陽

日本史の「言葉」21 幕末志士の日本史読本

歴史書は大きく「正史」と「外史」に分類されます。 この言葉を素直に受け止めるなら、「正史」とは「正しい歴史」を 意味し、これとは別に「外史」という言葉があるのなら、こちらの 方は「正しい歴史」以外の、まあ「歴史エピソード」ほどのものか と解釈したくなるところです。 ところが、実際にはこんな定義になっています。 正史~国家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more