テーマ:葛飾北斎

日本史の「付録」01 旅人よ隠密バイトはいかが

「隠密」(おんみつ)とは、こう説明されています。 ~主君などの密命を受けて秘かに情報収集などに従事する者~  要するに「隠れて秘密裏に」というところがミソですから、現代風にいうなら、 「スパイ稼業」、つまりは秘密諜報員/地下工作員/産業スパイもどきの イメージになるのでしょうか。 その所属団体?というか雇い先は幕府/諸藩/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「怪人」15 販促イベント?北斎の達磨

江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849年)には、 ユニークな逸話が数多く残されています。 たとえば、 ○改号すること30回? (異見もあり/「北斎」はその内の一つ) ○生涯に93回?の引っ越しを繰り返した。 ○どの住まいも掃除をすることなく「ゴミ屋敷」化が常だった。 ○金銭に無頓着なあまり極端な貧乏生活だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「女性」14 ゴースト絵師?失踪す

絵心が素寒貧の人でも、時には一枚の絵に目を奪われる ことがあるでしょう。 素寒貧の度合いでは誰にもヒケを取らないワタシですら、 この絵には思わず「ほぅ」と感心したものです。 もろに和風の題材ですから、日本人画家であることは容易に 想像できましたが、さてその他のことがなんにも分からない。 見慣れた?平面的で淡白な「浮世絵」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more