テーマ:日本陸軍

日本史の「ツッパリ」16 ”奇跡の勝利”は忘れられない

第二次長州征伐の折、その長門国・周防国に対し、幕府軍は 大島口・芸州口・石州口・小倉口の四方向から攻撃する作戦を とりました。 いわゆる「四境戦争」(1866年)です。 守備に立った長州藩が、この「四境」のうちでも特に日本海側の 石州口と、門司の小倉口を重視したことは、石州口司令官を 大村益次郎が担当し、小倉口には高杉晋作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more