テーマ:科挙

日本史の「アレンジ」22 ローカル風味の士農工商

孔子(前552?-前479年)に始まった「儒教」を新たな形で体系化・発展させた 「新儒教」ともいうべき思想は、その創始者の名を取って「朱子学」と呼ばれ ました。 中国南宋・朱熹(1130-1200年)、つまり「朱子」(朱先生)による 新学問ということです。 じつはこの思想は、日本にも割合早い時期に伝わっており、たとえば、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「アレンジ」19 科挙より素敵な選び方?

国家を安定させ長い繁栄を保つためには、特にその中枢を担うべき官僚に 優秀な多くの人材を必要とするものです。 このあたりを、うっかりスカタンな人間に任せようものなら、たちまちに国が 傾きかねないことはどの国にとっても一種の常識と言っていいのかも しれません。 ただ、その優秀な人材を選ぶ方法が問題です。 他人よりズバ抜けて背…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more