テーマ:偽勅

日本史の「タブー」05 偽勅が歴史を変えた?

「勅(ちょく)」とは、天皇の命令またはそれが書いてある文書(勅書とも)を 指す言葉です。 念のためですが、天皇が思いついたことを気まぐれに「チョクチョク」命令する ことから「勅」と呼ばれるようになったとする見解は、まあトンデモ説の類だと 受け止めておいた方が無難なのかもしれません。 ところが、長い歴史の中にはこのニセの「勅」、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more