テーマ:独裁者

日本史の「世界標準」06 君側の奸を討つ

あまり馴染みのない言葉ですが、「くんそくのかんをうつ」と 読みます。 王様(権力者)の周辺にはびこる悪い家来(奸臣)を やっつける、というほど意味でしょうか。 世界史にはあまり見られませんが、日本史では再々実行されて いる行動のひとつです。 つまり、権力者である王様本人(日本の場合は王=天皇と理解 していいと思いますが、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「忘れ物」05やじろべえ国家

胴の先が細く、人の形をして、左右に伸びた手の先の重りで バランスをとる「やじろべえ」は日本の伝統的な玩具です。 このバランス、日本における「権威と権力」の関係によく似て いませんか? そう、日本は「やじろべえ日本」なのかも? 「権威と権力」を言い換えれば「カリスマとパワー」になります が、日本史の大きな特徴として、いつの時…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more