テーマ:徳川家綱

日本史の「落胆」03 将軍後継と同時多発テロ

二度にわたる「大坂の陣」(冬1614年/夏1615年)を制したことによって、 かつての主家・豊臣家を滅亡にまで追い込んだ徳川家康(1543-1616年)は その後も諸大名への干渉を怠ることはありませんでした。 これには、豊臣家の死に物狂いの抵抗にいささかのトラウマを覚えたことの 影響があったかもしれません。 大名の隙に対し…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more