テーマ:幕末維新

日本史の「事始め」16 明治150年とその前1500年

ひょんなことから、日本史に関する質疑応答の場に遭遇することができました。 自称・歴史ファンを自称する一般の方々の質問に対して、「逆説の日本史」の 著者・井沢元彦氏がそれに答えるという構図です。 折角のことですから、気の変わらないうちにその風景を報告しておこうと 思った次第です。 ただし、主たる質問者は名古屋地域を生息地とす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「付録」03 幕末の殺し屋ビッグ・フォー

「逆説の日本史」20幕末年代史編Ⅲの中で、著者・井沢元彦氏は 佐久間象山(1811-1864年)の暗殺に触れ、こう書いています。  ~日本史上もっともテロが横行した幕末の文久から元治にかけても、   「人斬り」とまで呼ばれた人間は四人しかいない。   この「人斬り彦斎」こと熊本藩の河上彦斎、「人斬り以蔵」こと土佐藩の   岡田…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「油断」06 龍馬はどれ?”○○屋事件”

寺田屋と池田屋・・・坂本龍馬(1836-1867年)の暗殺現場は どっちだっけ? 一瞬迷いが走りますが、どっこい、意地の悪いことに正解は 「近江屋」なんですねぇ、これが。 ちなみに(どうでもいいことですが)、筆者の町の「酒店」は 由緒正しく屋号「三河屋」を名乗っています。 それはともかく、寺田屋と池田屋と近江屋・・・いず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more