テーマ:人命尊重

日本史の「アレンジ」13 ”生類”その微妙な法解釈

江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉(1646-1709年)による悪名高き? 「生類憐みの令」※(1687年-1709年)は、とりわけ綱吉の干支で ある「犬」に対して特別な計らいを見せました。 最終的には30万坪弱の広大な敷地に数百棟の「御犬小屋」を 建設し、ここへおよそ十万匹の「御犬様」を収容したわけです。 その御犬様のエサ、い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本史の「言葉」14 人命は地球より重い

~武器などをもって脅迫し、航空機などの交通手段を占拠する 行為~ これを一般的に「ハイジャック(Hijack)」と呼んでいますが、 この種の事件は実際に日本機でも起こっています。 そのひとつに、1977年日本航空472便を乗っ取った武装犯人 グループが日本政府に対し拘留中の仲間数人の釈放と、 乗員・乗客100名余の人質の身…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more