テーマ:小瀬甫庵

日本史の「お国自慢」15 愚直と創意ふたりの作者

戦国の覇者・織田信長(1534-1582年)の一代記「信長記」には、 太田牛一(1527-1613年)の手によるものと、これとは別に 小瀬甫庵(1564-1640年)が著したものがあります。 両者を区別するために、一般的には 牛一版を「信長公記」(1600年頃?)、甫庵版を単に「信長記」 または「甫庵信長記」(1611年頃?)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more