テーマ:神功皇后

日本史の「怪人」20 妊娠15ケ月の万世一系

昔々のある女性の主張です。 ~生まれた子の父親が夫であることは間違いありません~ 我が国の古い記録にも残されいるお話です。 しかし、この主張に対してこんな反論が出ても不思議ではありません。 ~それはとってもヘンだ! だって、それだとアナタのお子さんの誕生は   貴女の夫が亡くなってから一年以上も経過してからのことになります …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「トホホ」27 タケル氏の異色な境遇と病質

「古事記」では主に「倭建命」※、「日本書紀」では主に「日本武尊」※と表記 されるそうですが、第12代・景行天皇の息子であり、第14代・仲哀天皇の父に 当たる人物を、分かりやすく「ヤマトタケル」と呼ぶこともあります。 ※「倭建命/日本武尊」はいずれも(やまとたけるのみこと)と読むそうな。 父も天皇、息子も天皇という血筋であれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「女性」15 兼任皇后?の神出鬼没

二十世紀に入ってから(1926/大正15年)のこと、表向きは 「万世一系」とされている「歴代天皇」の顔ぶれを見直す作業に 及んだことがあります。 簡単にいえば、再調査・再点検を施したというところでしょうか。 しかし、考えてみれば、その「順序」と「顔ぶれ」が、きっちり 固まっているからこそ「万世一系」のはずで、それを自由に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more