テーマ:歌舞伎

日本史の「忘れ物」20 能はマルだが芝居はペケだ

現代での人気度を比べるなら、「歌舞伎」の方が「能」よりは いささか上という雰囲気を感じます。 ところが少し前の時代だと、これが逆になる印象で、実際 江戸幕府が「式楽」※として採用していたのは「歌舞伎」ではなく、 「能」の方でした。 もちろんそこには伝統ある「能」に対し、駆け出しの「歌舞伎」と いう大きなハンディもあったのでし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「アレンジ」04 女優の生姿・アニメ・CG版?

現在でこそ芸術とみなされている「歌舞伎」も、実は、 波乱万丈・紆余曲折ともいうべき困難な歴史を経て今日に 至っています。 では、その難儀な時期をどうやって乗り越えて きたのでしょうか。 1603年、北野天満宮の舞台に立った「出雲阿国」(1572?-不詳) に絶大な人気が集まったことが歌舞伎の出発点、という説明が 通説にな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「女性」04歌舞伎女優の落胆

男装した女性役者が大変な人気を集めたというのですから、 まあ、現在の「宝塚歌劇」みたいな舞台だったのかもしれません。 これが「歌舞伎」の始まりとされ、「出雲阿国(いずものおくに)」が、 その創始者と言われています。 1600年前後に舞台活動をしていたことは確認できるようですが、 この「阿国」について詳しいことは分かっていま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more