テーマ:忠臣蔵

日本史の「冗談?」09 いろはの字数は幾つなの?

日本人が一番好きな演劇は、いわゆる「赤穂事件」(1701- 1703年)を題材にした「忠臣蔵」だといわれていますが、 それは、芝居「仮名手本忠臣蔵」が大きな人気を博したことが そもそものキッカケだったようです。 このタイトルにある「仮名手本」とは、文字通り、~いろは歌を 仮名で書いた習字のお手本~のことですから、要するに、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本史の「謎解き」08 赤穂浪士のユニフォーム姿

時は1703年(元禄15年)、赤穂藩遺臣(赤穂浪士)が吉良屋敷に 討ち入った、いわゆる「赤穂事件」。 これをモデルにしたお芝居「忠臣蔵」は多大な人気を集め、 現在でもその状況は変わっていません。 さて、そこに登場する「赤穂浪士」のイメージは、まあ平均的に 下の絵のようなものではないでしょうか? すなわち、左襟部分には「身…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more