テーマ:一向一揆

日本史の「誤算」08 加賀一揆共和国の百年記

~「来世」を信じる者は(現世での)死を恐れない~ なぜなら、「来世」とは「現世」の苦労や悩みから解放された文句のつけようも ない素晴らしい場所であるとされているからで、こうした傾向は日本に限らず たとえばイスラム教過激派(原理主義)兵士の挑む行動(自爆テロ)などにも 感じられるところです。 もっとも本当に素晴らしいかといえ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more