テーマ:神武東征

日本史の「迷宮入り」18 コールド・ケース邪馬台国

たまたま手に取った本にこんな文章がありました。 ~邪馬台国の所在地については21世紀に入っても議論が続いている~ その邪馬台国とはご存知の通り、いわゆる「魏志倭人伝」 (成立:280年から297年頃)にある、30ほどの国家からなる倭国の都とされ、 さらには倭国の王としての女王・卑弥呼(生年不明/没年242~248年)が 居住し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「謎解き」29 豊前豊後はトヨのくに

昔々の大昔、戦国の織田信長も源平の源義経も、それどころか飛鳥の 聖徳太子すらもまだ生まれていなかった三世紀頃、九州の一角に 「豊国(とよのくに)」と呼ばれる地域がありました。 九州の東北部に位置し、現在の地名なら福岡県東部および大分県全域に 相当する地域です。 おそらくは、地形的に安定した収穫を得られる豊かな地であったこと…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「言葉」15 根も葉もある嘘八百

~小説とは根も葉もある嘘八百~ これって昭和の文豪・佐藤春夫の言葉だそうです。 なるほどさすがにうまいこと言うものですが、「小説」ですら そのセンにあるとするなら、「神話」なぞはもうヒト桁上を行く ~根も葉もある嘘八千?~くらいの世界なのかもしれません。 日本神話のひとつに「初代天皇」を題材にしたお話があります。 これは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more