テーマ:北条早雲

日本史の「発明発見」13 子が親の“名付け親”?

「名付け親」とは、こう説明されています。 ~生まれた子に名前をつける人~  ですから、普通は親なり親族なり、ともかく当人より年長の者が その役を担うはずです。 ところが、一種の「発明発見」と言えるのかもしれませんが、 日本史の中には、それに逆らう形の「子が親の“名付け親”」と いうパターンを見出すことができるのです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「アレンジ」10 ギョエテとは俺のことかと

時代も立場もバラバラな北条早雲・ジョン万次郎・弘法大師、 このお三方の共通点はなにか? いきなり、こんな突拍子もない クイズをぶつけられたって、まあ大抵は答えられるものでは ありません。 そこでこんな川柳をヒントとしておきましょう。 ~ギョエテとは俺のことかとゲーテ言い~ ※作は斉藤緑雨とも? その「ギョエテ」とは、日本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「パクリ」07 お宝”北条氏”頂きました

その本名を「伊勢(新九郎)盛時」といったそうですが、別名の 「北条早雲」の方でよく知られた人物です。 生まれは1432年とも1456年とも言われ、またその出自についても 一介の素浪人に過ぎないという見方もあれば、室町幕府に 関わりを持った人間の血筋という意見もあって、実際のところは これもよく分かっていません。 ともかく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more