日本史の「迷宮入り」16 卑弥呼は文字を読めたの?

遥か昔の「邪馬台国」、その女王・「卑弥呼」(生年不詳-248年?)
は文字を読むことができたのか?
この問いには文字が日本に伝わった時期の把握と、もう一つ、
卑弥呼の教養?レベルを知る必要がありそうです。
※この場合は「漢字」を指し、「アルファベット」ではない! 念のため。

ではまず、・・・文字はいつ日本?に伝わったのか?
これには諸説がありますが、一般的には百済から「論語」や
「千字文」が伝来した270~310年頃のことであろうとされて
います。

仮にその時期が正しいとしたら、それより前に既に亡くなって
いた卑弥呼には、文字習得の機会がなかったわけですが、
しかし、これとは別に文字そのものは渡来人などにより、もっと
早い時期にもたらされていたという見方もあります。

現存する最古の文字とされる「漢委奴国王印」の金印が既に
下賜されていた事実を思えば、確かにそうかもしれません。
この場合、それを受けた「委の奴国」(日本?)側自身が、そこに
彫られた模様を「図柄」ではなく、それとは異なる「文字」なる
ものと認識していただろうとの推測はできそうです。 
※西暦57年(卑弥呼の時代より200年ほど昔のこと)

だとしたら、それより200年ほども後の時代に「親魏倭王」
金印を下賜された卑弥呼とて、これは単なる 「図柄」ではなく、
はやり、それとは異なる「文字」なるものであることを、しっかり
認識していたと見た方が自然です。

ただ、卑弥呼政権中枢には、この「文字」を「文字」として自在に
使いこなせる人材はいなかったのでしょう。
そう推理する理由は簡単で、もし日本側にそうした能力があった
なら、後の時代の「古事記」や「日本書紀」と同様に、おそらくは
「卑弥呼回顧録」?もどきの歴史書が残されたに違いないから
です。 ところが、そうしたものは伝わっていません。

現在でも、この時代の出来事を日本製ではなく、外国製?の
歴史書である「魏志倭人伝」に頼らざるを得ないのも、こうした
事情があってのことでしょう。
※「魏志倭人伝」→「三国志」の「魏書」の「東夷伝和人条」

つまり、卑弥呼政権は「文字の読み書きはできなかった」、
少なくとも「自在に操れるだけの能力はなかった」と推測する
のが妥当ということになりそうです。


アインシュタイン51 金印親魏倭王51









  アインシュタイン    金印/親魏倭王

 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑

もっとも、この時代の人にとっての「文字」は、おそらく現代人が
思うほどに不可欠なものでもなかったかもしれません。
~その存在を知らないわけではないが、それについては十分な
  理解には届かないし、またそれを知らなくとも普段の生活には
  何らの不自由もない~


おそらくは、こうしたレベルのことで、現代で言うなら、さしずめ
アインシュタインの「相対性理論」もどきのものか?
~「相対性理論」の存在を知らないわけではないが、
  それについては十分な理解には届かないし、またそれを
  知らなくとも、普段の生活には何らの不自由もない~


要するに、卑弥呼自身とその政権中枢は、
~単なる「図柄」や「模様」とは意味合いの異なる「文字」なるもの
  だとは認識していたが、「書く」ことは勿論「読む」こともできな
  かった。 ただし、それが政権運営に致命的な不便・不都合を
  生じさせるものでもなかった~

ですから、幾分はヨタ話めいていますが、こんな会話があった?
ことも想像されるわけです。

卑弥呼 ~この金印って、いったい何を言っているの?~
魏使節 ~そんなこと知って、どうするつもりでっか?~
卑弥呼 ~折角なら、意味くらいは知っておきたいじゃないの~
魏使節 ~ではまあ、知らざあ言って聞かせやしょう。
       「親魏倭王」とはこのくらいの内容になりましょうか~
~世界に冠たる我が国・魏に対して、感心にも友好的な気持ち
  を抱いているアンタ(卑弥呼)を野蛮国・倭の国王として認めて
  やるにやぶさかではないゾ~


卑弥呼 ~んまぁ!メッチャ高飛車なもの言いね!~
魏使節 ~とことん「中華」の我が国が、とことん「東夷」の酋長に
       宛てるのですから、至極妥当な表現ですッ!~

意味の解釈はともかくとして、「紙」が我が国へ伝わったのは、
これよりずっと後の5世紀頃のこととされていますから、さらなる
疑問も。
~すると、卑弥呼はこの折角の金印を「紙」以外の「なに」に
  押していたのか?~

「紙」がなければ金印も役に立たない・・・だったら「持っている」
ことになんの意味もないではないか? ということになります。

この点はどうぞご安心ください。 ちょうど、現代のオジサン・
オバサン族の姿を想像してみればいいのです。
~手元にあると何とはなしに安心という理由から、
  使いこなせもしない「スマホ」を持ちたがる~


そう、卑弥呼にとっての「金印」は、現代のオジサン・オバサン族
にとっての「スマホ」であり、早い話がその実用性よりは、むしろ
ファッション性を重視したものだったのかもしれません。

その意味では、「親魏倭王」こと、遥か昔の卑弥呼の遺伝子?を、
現代のオジサン・オバサン族も、同じ日本人として、間違いなく
継承していることになるわけです。





 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑
         



---これまでの 「迷宮入り 」 シリーズ--------------
328 日本史の「迷宮入り」15 神器”草薙剣”の波乱万丈 事件が多すぎる!
270 日本史の「迷宮入り」14 天下城焼失の風評被害 真犯人は他にいる!
258 日本史の「迷宮入り」13 神様にタメ口はいかん! 敬語インフレ対策?
230 日本史の「迷宮入り」12 西郷どん20年目の閃光 忘れた頃の自殺願望
186 日本史の「迷宮入り」11 どっちが若い?釈迦と孔子 年齢差なんて!
150 日本史の「迷宮入り」10 ”大宇宙の真理”?それとも・・・ どんな意味?
148 日本史の「迷宮入り」09 幕府が”それ”をしなかった理由 世界常識の逆
129 日本史の「迷宮入り」08 西郷どんの唯一の写真 写真を避けた英雄
120 日本史の「迷宮入り」07 ダイ・ハードは永久封印? 彼は生きている?
115 日本史の「迷宮入り」06 “新”は天皇家のカムバック? なぜ違う表現?
097 日本史の「迷宮入り」05 初めての火葬天皇 なぜこの方法を選んだか?
095 日本史の「迷宮入り」04 半世紀将軍の子づくり なぜこんなにも大勢を?
092 日本史の「迷宮入り」03 なんで前方後円墳? こんな名称はインチキだ!
078 日本史の「迷宮入り」02 黄金ネコババ事件 なぜみんながダンマリか?
073 日本史の「迷宮入り」01 なぜ“八”がデカいのか? 九や十はどうしたの?
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史~超駄級・300記事一覧~ №202-299編 堂々肩すか史!
-------------------------------


"日本史の「迷宮入り」16 卑弥呼は文字を読めたの?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント