日本史の「陰謀」32 くの一陽忍 天下を盗る

敵対する組織が存在することで「スパイ」活動が活発化することは、国家間の
諜報活動に限らず、企業間のいわゆる産業スパイについても言えることです。
こうしたことは、20世紀におけるアメリカVSソ連(現:ロシア)の姿、
あるいはニュースでも報道される企業間のトラブルなどを眺めれば、割合
無理なく理解できるところです。

そういうことから、ちょっとした連想。
~かつての日本にも同じような状況が、つまりスパイが暗躍した史実も
 あったのでは? もし、それがあったとしても全然不思議ということには
 ならないぞ~


そこで注目してみたのが平安時代(794-1185年)です
メッチャ大雑把に言えば、このころの日本は朝廷・源氏・平氏・奥州藤原氏が
微妙なバランスの上に立った状況にありました。 
こんな時代にスパイが活動していなかったハズがないッ!
かなり強引な前提ですが、その路線でこの後のお話を進めます。 
はい、ごめんなさいよ!


 ninjya_2nin_01.jpg 忍者? 

ご存知の方も多いのでしょうが、念のために少し前説も。
スパイには基本的に2つのタイプがあるとされています。
それは忍者で言うなら「陰忍」と「陽忍」です。
何ですか、その「陰忍」と「陽忍」って?

少し乱暴な定義かも知れませんが、自らの正体を隠して隠密理に活動するのが
「陰忍」で、時代劇に登場する伊賀・甲賀の忍者などがこれに当たります。
その手の時代劇を見ても気が付くところですが、こうした忍者が「名乗り」を
挙げる場面はほぼほぼありません。
というより、生き延びるためには匿名性こそが重要ということです。

一方の「陽忍」は、これとは逆になります。
公に「姿・身分」などをさらした忍者(スパイ・諜報員)と言っていいの
かもしれません。
そんなぁ、自分の正体を晒した環境で、本当にスパイ活動なんかができるの?

ところがどっこい、現実に戦時中の日本にもそうした「陽忍」もどきの存在は
いたのです。 
中でも、ナチス党員でありドイツ紙特派員として日本に就いたリヒャルト・
ゾルゲ
(1895-1944)の活動、いわゆる「ゾルゲ事件」は有名です。 
日本の軍事計画などを入手し、それをエッサエッサとソ連へ送っていたのが、
なにを隠そうこのドイツ紙特派員・ゾルゲ本人だったのです。

そして、1941年にゾルゲ逮捕に至ったこの事件には時の近衛内閣のブレーン
も関わっていたのですから、正真正銘の「陽忍」といっていいのでしょう。
さてそこで、この目線で先の日本の四つ巴?微妙なバランス時代を眺めて
みると、実は「スパイ」の関与があったと考えた方が納得しやすい出来事も
少なくないのです。

たとえば、「源義朝暗殺事件」(1160年)がそうです。
後に鎌倉幕府という武家政権を創立することになる源頼朝(1147-1199年)
の父・義朝(1123-1160年)は源氏の棟梁であり、この時は「平治の乱」
(1160年)に敗れたばかりの、いわば「賊軍の将」でした。
ということは、この時期の義朝は自分の身に対しては強い警戒心を持っていた
と想像されます。

ところが、あっけなく?命を落としました。
それも、敗走の途上に年来の家人の屋敷へ身を寄せた折の、入浴中という
まったく無防備な瞬間に襲撃されるという、義朝にすれば「思いもよらない」
不意打ちを食らってのことでした。

それまでは家人の立場にあった者が、その関係を頼ってきた相手を恩賞目当てで
討ったということですから、少なくとも暗殺の瞬間は「陽忍」もどきの状況に
あったことは間違いありません。

こうした「暗殺」とは逆の「助命」のケースも考えられます。
平清盛(1118-1181年)に対する継母・池禅尼(1104?-1164年?)による
きわめて熱心な「源頼朝助命」の嘆願です。
この嘆願は最終的にその域を超え、ついには「泣きおどし」や「ハンガー
ストライキ」にまで発展しています。 

込み入った背景になりますが、清盛の継母である池禅尼の甥?に当たる人物が、
じつは同時に頼朝の母方の祖父に当たる、という関係にあったのですから、
池禅尼には源平双方の人脈があったとしても不思議ではありません。 
結果から逆算するなら、池禅尼が「源氏側陽忍」だったということもあり得ない
話ではないような気もしてきます。

また、結果として「助命」された頼朝の流罪地が「伊豆」だったことも、
その傍証になるのでは?
実はこの伊豆は、平氏政権に食い込んでいた源頼政(1104-1180年)の
影響力が強く及んでいた土地でしたからねぇ。

そうすると、平氏政権の幹部の地位にあった源頼政自身を源氏側の「陽忍」
だった見ることもできそうです。
しかし、周りがみんな食うか喰われるかの「仮想敵国」だらけという当時に
おいては、この程度のことはまさに常識の範囲で、どうこう言うほどのこと
でもなかったのかもしれません。


 houjyou_masako_05.jpg mata_hari_01.jpg
     北条 政子 / マタ ハリ 

 応援クリックを→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←にほんブログ村



こうした調子でさらに無責任な空想を広げてみると、たとえば頼朝の妻・
北条政子(1157-1225年)の場合はどうなのでしょうか。
なにはともあれ、夫君・頼朝よりも実家・北条家を最優先しようとした政子
の一貫した姿勢は誰も否定できないものでした。

なにしろ、政子の実子で鎌倉幕府第二代将軍となった頼家(1182-1204年)、
さらには同じく実子で第三代将軍となった実朝(1192-1219年)、その双方の
暗殺事件の影に、政子の実家・北条氏の関与(黒幕か?)があったことは、
間違いなさそうですからね。

それどころが、いささか不可解な源頼朝の死についても、そうした関与を
否定してしまうことはできません。
公式発表では「落馬が原因となって死んだ」ことになっていますが、武士の
棟梁たる者が戦闘中でもないのに、死に至る落馬だなんて、なんとなく
素直には首肯しがたいなぁ。

しかも、源氏の嫡流が三代で滅んだ後の鎌倉幕府を実質的に動かしたのは
頼朝・未亡人であるこの北条政子自身でした。
「尼将軍」とも言われたそうですから、その権力は強大だったことになります。

とすれば、政子が北条家の「陽忍」だったという見方も結構面白い。
実家のためなら躊躇なく「我が子」を殺せたという点も、なんとなくスパイの
非情さを見るようで、それなりの雰囲気が漂っています。

この頼朝・流罪地があった伊豆の北条家が、いわば頼朝に張り付くことで
裏から権力に手を伸ばすことを目論んだと考えられないわけではありません。
そうすると、頼朝と政子が「恋に落ちた」などという通説的な説明はチョット
ばかり胡散臭い気もしてきます。 
それよりは、むしろ政子(北条家)の側から積極的に頼朝に向けた働きかけ
を図っていたようにも見えてくるのです。

もしそうだったとしたら、天下を取ったハズの頼朝(孫悟空)は、
政子(お釈迦様)の手のひらで舞っていただけという、まるで「西遊記」の
ような図になります。 
もしこれが真相の一端を突いていたとしたらなら、この北条政子こそ栄えある
「陽忍ナンバーワン」と言えるのかもしれません。

つまり、池禅尼や北条政子など彼女達を、後世のマタ・ハリ(1876-1917年)
や東洋のマタ・ハリとも呼ばれた川島芳子(1907-1948年)などのスパイの
大先輩と見ることができそうな気もしてくるのです。

それにしても驚きは、この業界の昨今の有様です。
かなり特殊な業界のことですから、その真偽のほどはもちろん不明ですが、
米ソ冷戦の終結とともにスパイ稼業もパッタリ人気が薄れてしまって、
イギリスなどでは「新聞広告」で募集したこともあったとのことです。

えぇ、しかも「007」ジェームズ・ボンド氏の本拠地・イギリスで、です。
こんなことで、ホントに「スパイ・諜報員・陰忍」が勤まるものかと心配
したくもなりますが、もっとも業界が業界ですからそこはそれ、どこまでが
本当でどこからがフェイクなのか、とんと判断はつきませんが。




 応援クリックを→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←にほんブログ村



--直近の記事---------------------------
703 日本史の「偶然」03 東の天皇も西の皇帝も 天皇がOKなら皇帝だって
702 日本史の「デジャヴ」28 今度は神道と儒教の習合で 信仰に一体化癖が
701 日本史の「付録」15 カタカナ語はとめどなく 残るは接続詞助詞だけに
----------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・700記事一覧~ №601-699編 貧乏ヒマな史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・600記事一覧~ №501-599編 だがしか史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・500記事一覧~ №401-499編 満腹握りめ史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・400記事一覧~ №301-400編 颯爽ろくでな史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・300記事一覧~ №202-299編 堂々肩すか史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
----------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント