日本史の「パクリ」16 大道実演販売ノスタルジア

~今からすれば大昔の1950年代、つまりワシがまだ紅顔の美少年だった頃の
 とある海水浴場での話だ。~
 
こう切り出したのが町内の古老です。

どうせヨタ話の類だろうと思いながらも、義理を立てて耳を傾けると、
~その頃はそれほど珍しい光景でもなかったが、いわば香具師(やし)の
 大道実演販売に遭遇したのだ~
 えぇっと、香具師って? 
映画「男はつらいよ」の主人公・フーテンの寅サンのお仕事といえば分かり
やすいのかもしれません。

間違いを避けるために後で確認してみるとこう説明されています。
~縁日、祭礼など人出の多いところや、盛り場・街頭などで見世物を演じながら
 各種の薬品・商品を売る者~

「野師/矢師/弥四」とも書き、また「的屋(てきや)」ともいうのだそうです。


 yashi_hokusai_01.jpg 香具師(北斎漫画)

町内古老が遭遇した光景とはこんな按配でした。
香具師が地面(この場合は砂浜)描いた半径数メートルの丸い円の中心に
立ち、こう口上したようです。

~えぇですか、今日の品はなるべく多くの皆様に知っていただきたいので、
 お行儀良くして、この円の丸の内側まで押し入ることのないようにね~

この円内の空間が香具師専用の舞台になるわけです。

ちなみに「円は丸い」と決まっているはずなので、その点を町内古老に
突っ込んでみると、
~真理はまことにその通りなのだが、あの時の香具師は確かにそう言った~
ちょっと怪しい気もしますが、こうした細かい点に拘るとなかなか話が
進みませんから、その辺は端折って先を急ぎます。
~香具師のその時の商品は、メンソレータム(皮膚疾患の家庭用治療薬の
 商標名)ほどの小さな缶に入った軟膏だった~


なんの軟膏? 聞き手の当然の疑問に対し、返ってきた言葉が、
~傷を直すことはもちろん、黒子(ほくろ)だって取ってしまえる軟膏だった~ 
地面の円の周辺を取り巻く人々に向けた香具師の弁舌爽やかで、そして、
頃を見計らって、いよいよ「実演販売」です。

以下は町内古老のお話の続き。
~まずは地面の円を取り巻いた見物の人々を見渡すのだ。
 次に、その中の一人に声を掛け円の内側へ呼び込む。
 その時は、ワシと同じくらいの年恰好だったからよく覚えているが、
 小学生低学年の男の子が呼ばれたナ。~


そうした後に、その小学生男子にこんなセリフをぶつけたそうです。
~おにいちゃん、あんたの顎の部分には黒子があるが、なあ、それを
 なくしたいと思ったことはないかい?~

相手は小学生ですから、どうしたって生返事になります。

円を囲んだ見物人が、香具師とその少年のやり取りを興味深げに眺めていると、
話は次へ進んで、
~おにいちゃん、その顎の黒子が要らないものだったら、オジさんが取って
 あげようと思うがどうかな。~

 
少年とて周りを囲んだ大勢の見物人に注目されているわけですから、
すっかりはにかんでしまい生返事が続きます。
~なぁに、この軟膏を塗るだけのことだから痛い思いはさせないよ。~

そして、ついには軟膏を塗っての「黒子取り」の実演。
それで無事にその「黒子取り」を成就させると、香具師は周囲の見物人に
向かって、その軟膏の効能についての熱弁を奮ったそうです。

~かくして、見物人の少なからずがその軟膏を買い求めたわけだ。
 もちろん香具師とその少年はチームを組んでいたのだが、見物していた紅顔の
 美少年はそれには気付かなかったのだ。~
 なんだぁ、それだけの話か。

~要するに、その美少年は昔の「ガマの油売り」の流れを汲む大道実演販売を
 実体験したという話だ。 だからむしろ歴史証言と言うべきかもしれん。~


というわけで、ここまでが今回の超長いマクラの部分であり、この先からが
本題の「ガマの油売り」のお話になります。
ちなみに「ガマの/油売り」ではなく、「ガマの油/売り」が正しい理解です。


 gama_01.jpg gamano_abura_uri_01.jpg
 ガマ / ガマの油売り

 応援クリックを→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←にほんブログ村



なにぃ、ガマの油売り? いったい何のこっちゃ? 
それはこのように説明されています。
~ガマの油(ガマのあぶら)とは、もともとは江戸時代に傷薬として用いられて
 いた軟膏で、のちに、筑波山名物として土産物として販売されるように
 なった商品である。~


その由来は?。
~ガマの油の由来は大坂の陣(1614/1615年)に徳川方として従軍した
 筑波山・中禅寺の住職であった光誉上人の陣中薬の効果が評判になった
 というものである。 
 「ガマ」とはガマガエル(ニホンヒキガエル)のことである。~


さらに「ガマの油売り」についてはこんな説明もありました。
~江戸時代に筑波山麓にある新治村永井の兵助が、筑波山の山頂で自らの
 十倍もある蝦蟇(がま)に諭されて故郷の「がまの油」を売り出すための
 口上を工夫し、江戸・浅草寺境内などで披露したのが始まりとされている。~
 

そして、その口上の要旨は概ねこんな感じです。
香具師はまず、霊山・筑波山(伊吹山とも)でしか捕獲できないとする
「四六のガマ」と呼ばれる霊力を持ったガマガエルから油を採る方法を語ります。
ちなみに「四六のガマ」とは、
~前足が4本指、後足が6本指のニホンヒキガエル(ガマ)~のことだとされて
います。

~「四六のガマ」自身は、己の容貌を在原業平(美男子の代名詞/825-880年)
 のような美形だと信じているが、周囲に鏡を張った箱に入れば、自らの
 醜悪さに驚き、タラリタラリと脂汗を流しますな。
 その汗を集め、三七は二十一日の間、柳の小枝でトロリトロリトローリと
 よく煮つめてできたものが「ガマの油」でござい。~


そして、ここから先が町内古老が遭遇したという「軟膏売り」とほぼ同様の
内容で、この場合の香具師は、まずガマの油は万能薬であることを語り、
次には止血作用があることを示すために、刀を手に持ちます。
じつはその刀には仕掛けがしてあり、切っ先だけがよく切れるようになって
いるのです。

その刀で半紙大の和紙を二つ折りにし、
「一枚が二枚、二枚が四枚、四枚が八枚、八枚が十六枚・・・」と口上
しながら、徐々に小さく切っていき、最後には小さくなった紙片を紙吹雪の
ように吹き飛ばします。

そしてここからが香具師の芸の見せどころですが、こうして刀の切れ味を
示したあと、刀の切れない部分を使って腕を切ったふりをしながら、腕に
血糊を線状に塗って「切り傷」を見せます。
次にはその偽の切り傷に「ガマの油」をつけて拭き取ると、たちまち傷は
消えて、止血の効果を観客に納得させるわけです。

効能はこれだけではありません。
火傷/皮膚病/瘍(かさ/できもの)/梅毒/ひびわれ/しもやけ/インキン
タムシ/出痔・疣痔・いぼ痔・走り痔・切れ痔・脱肛・(痔の親分)鶏冠痔/
槍傷・刀傷・鉄砲傷・擦り傷・掠り傷・外傷一切/虫歯痛/(赤ん坊の)汗疹・
爛れ・かぶれ/のことごとくに抜群の効果を発揮することを強調します。

ただ、口上によれば、効かない症状も四つほどあるそうで、それは恋の病と
浮気の虫、あとの二つが禿と白髪ということです。
症状のすべてをことごとく直してしまえる「スーパー万能薬」と自称しない
ところが、なんとも奥ゆかしくて好感です。

それはさておき、町のあちこちに大型ドラッグ・ストアが出現している
二十一世紀の現代となっては、町内古老の回想に繫がる「ガマの油売り」などは、
もはや歴史の彼方に消え去った過去のものと思っていました。

ところが、そうでもないことを知って筆者なぞはちょっとした驚き。
その口上の全部が「筑波山ガマ口上保存会」のサイトで披露されているのです。
そのタイトルは「筑波山名物正調ガマの油売り口上」
ちなみに、つくば市認定地域無形民俗文化財とのことです。

そして、これが御時世というものでしょうか、そこにはこんな案内文も。
~新型コロナの新たな感染拡大の為、梅林でのガマ口上公演及び
 筑波山神社でのガマ口上公演はしばらく休止といたします。
 再開につきましては改めてお知らせいたします。~


三七は二十一日の間よく煮つめてできたはずの「ガマの油」も、新型コロナ
感染防止については、さすがにその有効性が未だ証明されていないということ
なのかもしれません。




 応援クリックを→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←にほんブログ村



--直近の記事---------------------------
714 日本史の「アレンジ」25 漢字活用は日本流SDGs 表音表意スピンオフ
713 日本史の「謎解き」32 俳諧師弟テクテク細道 旅程百五十日で二年に?
712 日本史の「誤算」16 三日三月三年限りの栄光 実日数をデフォルメする
711 日本史の「発明発見」27 お茶ルネッサンスの仕掛人 飲めばパワー全開
----------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・700記事一覧~ №601-699編 貧乏ヒマな史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・600記事一覧~ №501-599編 だがしか史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・500記事一覧~ №401-499編 満腹握りめ史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・400記事一覧~ №301-400編 颯爽ろくでな史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・300記事一覧~ №202-299編 堂々肩すか史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
----------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント