日本史の「例外」05 皇位継承の現代事情

第126代天皇・徳仁は昨年の令和元(2019)年5月1日に即位され、本年 令和2(2020)年11月8日には皇位継承順位第1位である弟・文仁親王が 「立皇嗣の礼」を迎えられました。 基本的に皇嗣は皇太子(在位中の天皇の皇男子)がなるため、従来は 「立太子の礼」が行われてきましたが、天皇徳仁の御子は愛子内親王 だけで、その他…
コメント:0

続きを読むread more