日本史の「事始め」22 平和のコツを体験学習

日本列島に関する記事を初めて登場させたとされている中国の歴史書が、 いわゆる「魏志倭人伝」です。  ただし、これはニックネームの類で、もう少し堅苦しい表現なら、 ~「三国志」中の「魏書」第30巻烏丸鮮卑東夷伝倭人状~ になるとのことです。 一生覚えられそうにありません。 書き手は中国西晋の歴史家である陳寿(233-297年…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「落胆」08 巨魁か凡庸かその実像

筆者のお気に入りお散歩コースの一つにもなっているのですが、名古屋市内に ある熱田神宮の西側国道の向かいにある誓願寺という浄土宗寺院は、実は 源頼朝(1147-1199年)誕生の地とされています。 えぇ、武家政権を確立し鎌倉幕府という組織を創立したあの有名な頼朝の ことで、それが証拠にちゃんと「頼朝生誕の地」の石碑も建っていますゾ…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「女性」27 皇統維持は超ウラ技で

「先代の憲法」という表現が妥当なのかはよく分かりませんが、ともかく 昭和時代の終戦時まで用いられていたのが「大日本帝国憲法」(1889年) でした。 そして、その第一条はこう記してありました。 ~大日本帝国は万世一系の天皇之を統治す~ つまり、天皇が統治する国家であると標榜し、しかも念入りに、その天皇に ついては、「万世一…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「微妙」16 神自身と神の子孫の距離

その当時を体感された方もまだまだ多く存命されているので、歴史的には 「つい最近」という感覚になるのかもしれませんが、1946(昭和21)年1月1日に 昭和天皇(第124代/1901-1989年)の詔書が出されました。 それは昭和天皇自らが自己の神格を否定した内容で、一般的には「人間宣言」と 呼ばれているものです。 そこには…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「列伝」14 三像のモデルはどなた?

長らくの間源頼朝を描いたとされていた下の肖像画も、最近はそれを 疑問視する声が上がっているとのことです。 どうしてそんなことになっちゃうのかはよくわかりませんが、そこはそれ お話のついでですから、少し探ってみることにしました。 ところが、これが結構にややこしい道を辿ることになってしまったのです。   源頼朝(旧) | (新…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「トホホ」31 白村江ボロ負けの恐怖

「白村江の戦い」(はくすきえのたたかい/663年)とは、この国(日本)に とって、初の本格海外戦争だったと言えるのかもしれません。 ~天智天皇2年(663)白村江での、日本・百済(くだら)連合軍と  唐・新羅(しらぎ)連合軍との戦いであり、日本は唐・新羅軍に攻略された  百済の救援のために軍を進めたが大敗し、百済は滅亡した~ …
コメント:0

続きを読むread more