日本史の「列伝」13 戦国諜報員は悠々自適

「本能寺の変」(1582年)によって、織田家は絶対的な権力を有していた 織田信長(1534-1582年)と、その後継であった嫡男・信忠(1557-1582年) を一挙に失ってしまいました。 ではこの後の織田家をいったい誰が継承したらよいものか?   織田信雄 家臣団の挙げた候補者は信長次男・信雄(1558-1630年)…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「陰謀」29 女傑は婚家粛清も厭わない

歴史の劇的変化の時期には、その主役もどきの人物が登場するものです。 例を挙げるなら平家滅亡に至る時期がまさにその通りで、実際ここの局面 では「奇跡の三連戦三連勝」※を成し遂げた源義経(1159-1189年)の活躍 に目を奪われて他のことにはあまり意識が向かないものです。 ※一の谷の戦い 1184年/屋島の戦い 1185年/壇ノ浦…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「誤算」13 権勢はいつも補佐人に

日本神話によれば、いわゆる天孫降臨に際し天照大神はこのように宣言した そうです。 ~この地(日本)は私の子孫が王となるべき地であり、またそうする  ことで私の子孫(天皇・皇室)が栄えることは永遠である~   天壌無窮の神勅 いささか自分勝手で一方的に感じられる宣言ですが、これが「天壌無窮の神勅」 とされる言葉です。 …
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「異国」09 先人は手足一致で歩いた?

~右手と右足、左手と左足をそれぞれ同時に出して前に進む歩き方~ これが、いわゆる「ナンバ歩き」と呼ばれる歩行法の説明です。 もっともこの文章だけの説明だけでは分かりにくいでしょうから、 ついでのことに参考画像も補足しておきます。    ナンバ歩き?(左右の手と足の位置関係に注目) 同じ側の手と足を同時に出すなんて、子…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「冗談?」19 建前揃えの軍事政権

~軍隊の力を背景に、軍人が政治権力を掌握して支配する政府の形態~ これが「軍事政権」に対する一般的な説明です。 もしそういうことなら「江戸幕府」(1603-1867年)という存在もまた その「軍事政権」に該当しそうです。 戦を勝ち抜くことで他の存在を屈服させ、その上に樹立された政権だから です。    大名行列 …
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「偶然」02 禍災は不徳がもたらす

昨2019年12月に中国武漢市に始まり世界中へ拡散した、いわゆる 「新型コロナウイルス感染症」に対して、つい最近、国内外のこんな 動きが伝えられました。 ~首相が、私立を含め全国全ての小中学校・高校・特別支援学校に、  3月2日から春休みに入るまで臨時休校とするよう呼び掛けた~ これが日本国内の動き(2020・2・27)で、さ…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「落胆」06 戦国の赤貧天皇三代記

第103代・土御門天皇(1442-1500年)の崩御を受けて即位したのが、 その第一皇子で、この第104代天皇は、その後崩御(1526年)されるまで 務められ、後柏原天皇(1464-1526年)と諡名されました。  即位礼正殿の儀 「天皇」と認められるには、その血筋が問われるのは無論ですが、 儀式の上でも神経質で細かな…
コメント:0

続きを読むread more