日本史の「付録」12 頭のテッペンも朱子学

時代劇でよく見掛ける男性頭のテッペンの剃り上げた部分を「月代 (さかやき)」といいます。  もう少し丁寧な紹介をすれば、~成人した男子が冠または烏帽子の 下にあたる額ぎわの頭髪を半月形に剃った部分~   騎士(博物館) まあ現代人の感覚からすれば、幾分シュールな印象になる髪型であること は間違いありません。 だって…
コメント:0

続きを読むread more