日本史の「ライバル」05 太陽暦の閏日と太陰暦の閏月

四年に一度の「閏年」に当たる本年、つまり西暦2020年の2月は、 当然ですが、例年の28日より1日多い29日となっています。 では、その「閏(うるう」っていったい何のことなのダ? 不意にこう訊ねられて、これにサラリを答えられる人はそうそう多くは ないことでしょう。  閏年/西暦2020年のカレンダー そこで、その「閏…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「付録」12 頭のテッペンも朱子学

時代劇でよく見掛ける男性頭のテッペンの剃り上げた部分を「月代 (さかやき)」といいます。  もう少し丁寧な紹介をすれば、~成人した男子が冠または烏帽子の 下にあたる額ぎわの頭髪を半月形に剃った部分~   騎士(博物館) まあ現代人の感覚からすれば、幾分シュールな印象になる髪型であること は間違いありません。 だって…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「数字」02 西暦ちょっきり年の出来事

豊臣秀吉(1537-1598年)亡き後の天下を決するべく「関ヶ原の戦い」が 繰り広げられたのは、安土桃山時代の慶長5年9月15日でした。 この年を西暦に直せば、下二桁が00の1600年、つまり今回の タイトルにある「西暦ちょっきり年」に当たります。    関ヶ原の戦い(1600年) 幾分苦しい語呂合わせを必要とするラ…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「偶然」01 赤穂事件は繰り返される

歴史用語としては「赤穂事件」というのだそうですが、その経緯は 日本人なら知らない人でも知っていると言われるほどに有名です。 もっとも、それは後になってこの事件をモデルにした芝居「忠臣蔵」が語る ところであって、当然ながら史実からは大きく離れた内容になっています。  (元禄)赤穂四十七士  その「赤穂事件」をざっとお…
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「謎解き」30 陸軍省御用商人の自決

明治時代に入ってから初、つまり近代日本初の汚職事件とされる 「山城屋事件」(1872年)。 それは、当時の陸軍大輔(次官)・山縣有朋(1838-1922年)や、また事件の 名称にもなった陸軍省出入りの御用商人・山城屋和助(1836-1872年)らに よる莫大な公金使い込み事件でした。   山城屋和助/(長州)奇兵隊で山…
コメント:0

続きを読むread more