日本史の「ライバル」05 太陽暦の閏日と太陰暦の閏月

四年に一度の「閏年」に当たる本年、つまり西暦2020年の2月は、
当然ですが、例年の28日より1日多い29日となっています。
では、その「閏(うるう」っていったい何のことなのダ?
不意にこう訊ねられて、これにサラリを答えられる人はそうそう多くは
ないことでしょう。


calender_2020feb_01.jpg 閏年/西暦2020年のカレンダー

そこで、その「閏(うるう」なる言葉をちょっとばかり調べてみると、
概ねのところこんな説明になっています。
~平年よりも日数や月数が多いこと。
 地球の公転や季節と暦とのずれを調整するためのもの~

ですから「閏」とは、いわば「プラス・アルファ」とか「プラス・ワン」
ほどの意味合いになるのでしょうか。

そこまで分かって、さらにもう少し詳しく追ってみると、
~閏(うるう、じゅん)とは、暦において一年の日数や月数が普段の
 年(平年)よりも多いこと、または一日の秒数が普段の日よりも多い
 ことをいう。 またはその余分な日・月・秒のこと。
 なお暦学理論上「閏週」という考えもあり得るが、今日の暦法において
 採用しているものはない~


うーむ、確かに詳しい感じは漂ってきたものの、正直に白状すれば
早い話が分かったようで分からん説明だ。
そこで、さらに真相を追求していくことにしました。

~太陽暦では1年を365日とするが、地球の公転(1太陽年)は
 365日5時間48分46秒なので、その端数を4年ごとに2月を29日として
 調節する~

おぉ、なんとなくイメージが掴めてきたゾ。

1年の実際の時間は、365日ちょっきりより毎年1/4日ほど長くなっている。
そこで、そのズレ込み分を4年に一度の「閏日」(2月29日)を設ける
ことで調節しているわけか。

なるほどと感心はしたものの、ちょっと待て。
この説明は「太陽暦」についてだと断っているではないか。
だったら「太陰暦」の「閏」って、どんな案配になるのだろう?
~日本では、明治5年12月2日(1872年12月31日)まで
 太陰太陽暦(天保暦)が使用されていたが、1873年に太陽暦である
 グレゴリオ暦を導入し、導入日を明治6年1月1日とした~


ちなみ、「太陽暦」とは文字通り1年間の太陽の動きに基づいた暦で
あり、対する「太陰暦」とは月の朔望(欠け満ち)を基準とした暦と
いうことになります。
で、この太陽暦を採用した明治以降は、こちらの太陰暦はあまり
使わなくなってしまったものの、それ以前はこちらがッメジャーでした
から、「閏月」もそれなりの頻度で登場していたはずです。

ご多分に漏れず、こちらの「閏月」も太陽暦の「閏日」と同様に
「時間調節」のためのものです。
~太陰暦において、1朔望月※は29.53日であるため、地球が太陽の
 まわりを1周する 365.24日は,12ヵ月と 13ヵ月の間になる。
 これを補正するため、平年は 12ヵ月とし、2年ないし3年に1度ずつ
 「閏月」を設けて 13ヵ月とする~

※1朔望月=朔(新月)から次の朔まで、または望(満月)から
 次の望までの平均時間。

たとえば幕末期の慶応4(1858)年には、4月と5月の間に「閏4月」と
いう「1か月間」が存在していました。
ちなみに、旧幕府で勘定奉行や海軍奉行などを歴任した小栗忠順
(1827-1868年)が新政府に処刑されたのが、慶応4年4月の「翌月」
である、この「閏4月」(6日)のことでした。
この年は、通常の「4月」の翌月に「閏4月」を設けていたわけです。


oguri_tadamasa_01.jpg oda_nobunaga_01.jpg
 小栗忠順(慶応4年閏4月)/織田信長(天正10年の閏月問題)

 応援クリックを→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←にほんブログ村



ここまでのことを整理すると、こんなことになりそうです。
○閏年 太陽暦で2月29日が存在する年のこと
○閏月 太陰暦で1年が13ケ月の年に存在する「閏○月」のこと
○閏週 理論上はあり得るが、これを採用している暦法なない

○閏日 太陽暦で2月29日のこと
○閏時 これもたぶん、上の「閏週」と同じ扱い?
○閏分 これもたぶん、上の「閏週」と同じ扱い?
○閏秒 直近の閏秒の挿入は2017年1月1日午前9時直前(日本標準時)
    に行われたらしい。

「閏」についての整理はこれで完璧なはずでした。
ところがギッチョン、こんな横やりが入ったのです。
~閏年が4年1回だなんて、考え方がメッチャ甘すぎるゼ~
だって、そのように説明してあったから、まんま鸚鵡返ししただけの
ことですが、それでなにか問題が?

何事にせよイチャモン好きな奴はいるものだとうっちゃりを決め込んで
いたら、あらまあ、こんな説明が。
~グレゴリオ暦では、次の規則に従って400年間に97回の閏年を設ける~
えッ、どうして? 
4年に1回なら、400年に100回になるハズじゃないの?

どうもそんなに単純なお話でもないようで、そこらあたりには、
こんな3項目の例外規定?が加えられているようです。
1/西暦年が4で割り切れる年は(原則として)閏年。
2/ただし、西暦年が100で割り切れる年は(原則として)平年。
3/ただし、西暦年が400で割り切れる年は必ず閏年。

そうなのかぁ、それで、
~グレゴリオ暦では、上の規則に従って400年間に97回の閏年~
ってことになるのか。
正直なところ、人間側としては、もう少し分かりやすいシンプルな
閏年ルールにしてもらいたいところですが、しかしまあ、相手が
天体運動のルールですから、人間側の都合にピッタリ沿わせることには
無理があるのかもしれません。

そこで、このルールを少し(とは言っても20年も)前の「西暦2000年」
に当てはめてみると、いったいどんなことになるのか。
1/西暦年が  4で割り切れる → 閏年ってことになるの?
2/西暦年が100で割り切れる → 平年ってことになるの?
3/西暦年が400で割り切れる → 閏年ってことになるの?

その判断は紆余曲折を必要とするものの、結局のところは、
~西暦2000年は400で割り切れるから「閏年」になる~
これが正解とのことです。

ちなみに、その100年前と後の1900年、2100年、またさらに
その100年後の2200年などは、上記ルールの「西暦年が100で割り切れる」
に該当するため「平年」になるとさ説明されていました。

たった1日の「閏日」が入るか入らないかという太陽暦の閏年でも、
こんなにややこしいのですから、「1ケ月」を丸々増やそうとする
太陰暦の「閏月」はもっと複雑なルールになっていたことでしょう。

そこで思い出すのが、こうした「太陰暦・閏月」を巡って戦国の雄・
織田信長(1534-1582年)が経験したスッタモンダです。
この頃、暦に関する決定権は天皇が握っていました。
というより、こうしたテーマはそれまでずっと天皇の専権事項だったと
いった方が正確なのかもしれません。
但し、それで全国共通の暦が使用されたということでもないようで、
地方は地方で自分たちの生活にフィットする暦を使っていました。

そこで、この暦について天皇と信長の間で意見が衝突したのです。
天皇~天正11年正月に続けて閏正月を入れることにする~
信長~なにをトロくさいこと言っとっていかんがや! そんなもん、 
   天正10年12月に続けて閏12月を入れるべきだぎゃあ~

両者のこうした協議がぶつかり合った、まさにその時に勃発したのが
「本能寺の変」(1582年)でした。
朝廷に対し強硬意見を披歴していたその織田信長が、家臣・明智光秀
(1528?-1582年)の謀反によって、まことに呆気なくこの世を去って
しまったのです。

では、信長死亡後の天正10年から天正11年にかけての「閏月」は、
いったいどのように扱われたのか?
たぶん、それまで通りに各々勝手な暦を使ったということなの
でしょうね、きっとなら。




 応援クリックを→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←にほんブログ村



--直近の記事---------------------------
627 日本史の「付録」12 頭のテッペンも朱子学 月代髪型は祖法である
626 日本史の「数字」02 西暦ちょっきり年の出来事 西暦下二ケタが00年
625 日本史の「偶然」01 繰り返された赤穂事件 昔から騒々しい土地柄?
624 日本史の「謎解き」30 陸軍省御用商人の自決 覚悟の自決は本当か
623 日本史の「アレンジ」21 江戸こそ外食文化のルーツ 百円ショップも
622 日本史の「世界標準」27 誰が誰に?五箇条の御誓文 民族の誓いは神
621 日本史の「事始め」19 環境汚染と女帝の決断 最新技術で清浄環境を
----------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・600記事一覧~ №501-599編 だがしか史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・500記事一覧~ №401-499編 満腹握りめ史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・400記事一覧~ №301-400編 颯爽ろくでな史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・300記事一覧~ №202-299編 堂々肩すか史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
----------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント