日本史の「発明発見」25 神の座へ三英傑の三段跳

筆者の生息地・愛知県では、戦国の天下を動かした下記の武将トリオを
「郷土の三英傑」として称えています。
尾張・織田信長(1534-1582年) 革新政策/関所撤廃・楽市楽座など
尾張・豊臣秀吉(1537-1598年) 集権体制/貨幣統一・兵農分離など
三河・徳川家康(1543-1616年) 幕府創立/天下統一・武家諸法度など

そのことは、地元の「名古屋まつり」での、その目玉イベントが、
「英傑行列」と銘打った信長・秀吉・家康各隊のパレードになっていること
でもよく分かります。

後の時代には、この三英傑の事績を取り上げた落首も登場しましたが、
そこにはこう書かれていたそうです。
~織田がつき、羽柴(秀吉)がこねし天下餅、座りしままに食らう徳川~
要するに、なんでもありの戦国の乱世から、秩序ある江戸太平の世への
大変貌を当時の人たちはこんな印象で捉えていたのでしょう。

上の落書のように信長・秀吉・家康の三人が、役割をそれぞれに分担する
かのような形で、上手く推し進めていったのも確かな事実で、俗に
このようなニュアンスの受け止められているようです。
~破壊(信長)/創造(秀吉)/維持(家康」~

この印象にさほどの違和感は覚えません。
なぜなら、たとえば天下を掌握するためにはどうしても欠かせなかった
「武装宗教勢力の牙抜き」という大事業についても、実はその通りの
運びになっているからです。

言葉を換えれば、あたかも陸上競技の「三段跳」の
~ホップ・ステップ(スキップ)・ジャンプ~もどきの要領で、信長・
秀吉・家康の三人がうまく跳び継ぎをしたような印象になっているのです。

信長は比叡山・本願寺などの武装宗教勢力を相手に、天下のための
武装解除を要求しました。
この当時の宗教勢力の「傍若無人/勝手し放題」は、そこに備えた
強大な武力が裏付けになっていたからです。

しかし、相手側・宗教勢力はこれを断固拒否しました。
~尾張のド田舎武将風情が何を偉そうにほざいているのだ~
当然このように受け止めていたからでしょう。

しかし、その尾張のド田舎大名が、ひるむことはありませんでした。
超巨大武装勢力を相手に回し果敢に戦闘に打って出るや、最後には屈服
させたのです。
三段跳競技なら、これが最初の跳躍「ホップ」に当たります。

この後を受けた秀吉は、降伏表明だけではイマイチ安心できないとして、
宗教勢力に対しさらに武装全面撤廃を要求しました。
宗教側に「捲土重来」の思いを抱かせないためのダメ押しということに
なるのでしょうか。
ここでの成果が、二歩目の跳躍「ステップ(スキップ)」に当たりそうです。

そして、その後を受けた家康は、非武装化されて丸腰になった
宗教勢力(寺社)を権力側に取り込む形で、たとえば、庶民に対する
通行手形(旅券)発行業務などの、なんと幕府行政の一端を手伝わせる
までに成果を挙げました。

チョイ前の信長の時代には、死に物狂いのガチンコ戦闘を繰り広げた宗教
勢力も、ここに至って完全に牙を抜かれた存在になったということです。

そのように見れば、これが三段跳の最後、仕上げの跳躍「ジャンプ」だった
と言えそうです。
ところが、これと同じような「三英傑による三段跳」の姿は、実は他の
ことでも認められるのです。

3eiketsu_70.jpg tousyou_daigongen_01.jpg
三英傑(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康) /東照大権現

 既読クリックを→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←にほんブログ村



それは何か? 自らが「神になる」作業です。
実はこんなことは、八百万神、要するにメッチャを多数の神々を要する
日本信仰だからこそ思い浮かぶ発想であり、たとえばキリスト教などの
一神教においてはおよそ考えつかないことです。
ですからこれも~日本の常識は世界の非常識~に属する事例になるのかも
しれません。

~神が創り給うた人間が神になる(なろうとする)~
こんなことは、一神教の世界においてはハナから破綻し矛盾したお話
ですから、発想すらされるはずもありません。

しかし、八百万神を要する日本人の、尾張のド田舎大名・信長は
こう考えました。
~いかに強かろうと実力が備わっていようが、それだけでは、この国の
 人々はその「権威・権力」を正当とは認めないし、至高の存在である
 天皇を超える存在とは認めない~


つまり、自身が天皇を超えた存在にならないことには、本当の天下掌握
とは言えないわけです。 だったら、その天皇を超える存在って?
~天皇が「(天照大)神の「子孫」という権威を備えているのなら、
 「神そのもの」になってしまえば、間違いなくこっちの方が格上だ~


そうした目論見を具現化・可視化した巨大装置が「安土城」だったと見る
向きもあります。
構造などについて細かな指摘を受ければ、確かにこの「安土城」には
信長を祀る「信長神殿」を連想させる趣が色濃く認められます。

しかし、信長は「生神様・現人神」になる以前に落命してしまいました。
重臣・明智光秀(1528?-1582年)による謀反「本能寺の変」(1582年)
です。
かくして、「自らが神の座に就く」試みの信長によるホップ段階は、見事に
挫折してしまったわけですが、このプランを内心で大変に評価した人物が
いました。 

他ならぬ豊臣秀吉で、信長の死の直後には、ちゃっかりその後継者の
地位を占めた人物です。
秀吉の出自は百姓ですから、尾張のド田舎大名である信長よりグ~ンと
下で、その足元にも及びません。

その身分については、なにせ聚楽第の白壁にこんな落書きがあったほどです。
~末世とは 別にはあらじ 木下の 猿関白を 見るにつけても~
<あんな奴(秀吉)が関白になるなんて、まったく世も末だぜ>

とはいうものの、埋葬後には「豊国大明神」の神号が宣下されました。
曲りなりに人間が「神の座」に就くことは成功させたわけですから、
信長の挫折したホップに続くステップ段階と言ってよさそうです。

ということで、いよいよ家康のジャンプ段階を迎えますが、このあたりの
お話は割合によく知られています。
家康は死後、天皇から勅諡号「東照大権現」を賜りました。
もっとも、何事につけ用意周到な家康のことですから、ひょっとしたら
生前から自分の神号として、家康自身がこの「東照大権現」を構想していた
ことも考えられないわけではありません。

しかし、それを家康側が要求し、その上で実現したという運びでは、朝廷の
顔を潰すことにもなりますから、対外的には最終候補を朝廷が示し、
その中から幕府が選択・決定を下したということにしたのかもしれません。

なぜ家康の構想だとの疑いが払拭できないのか?
第一に、この神号はモロに朝廷の先祖神、つまり皇祖神「天照大神」に
対抗した意味合いになっていることが挙げられます。

朝廷の「天照(アマテラス)」に対し、家康は「東照(アズマテラス)」、
要するに、これより以降の「アズマ(東国/武士の本拠地)」は、家康の
子孫が代々治めていくゾという所信表明とも受け取れる神号になっている
からです。

それにもう一つ、「権現」の意味が結構深いことを挙げてもいいのかも
しれません。
~「権」という文字は「臨時の/仮の」という意味で、仏が「仮に」神の
 形を取って「現れた」ことを言う~

ですから、こう主張していることになります。
~戦国の乱世を見かねた神が、人間・家康という仮の姿で現れ、平和を
 実現させるという役目を終えて、また神の世界へ帰った~


こうまで理路整然と説明されると、反論の余地もありません。
かくして、信長に始まった「神の座へ三英傑の三段跳」の試みは最終選手・
家康をもって見事に花を咲かせたことになりそうです。

ここから先はいつもの通りのどうでもいいお話ですから、そのつもりで。
「三段跳」という競技を知ったばかりの幼な子が元気な掛け声を上げて
遊んでいました。
~ホップゥ、ステップゥ、シャンプー!~



 既読クリックを→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←にほんブログ村



--直近の記事------------------------
610 日本史の「列伝」12 生前没後もユニーク履歴 その血は繋がり広がり
609 日本史の「異国」08 日本国王は辞退します 独陸国家の心意気じゃい
608 日本史の「タブー」12 使者はなぜ殺されたのか 上から目線は許せない
607 日本史の「デジャヴ」07 言霊商標の平和万能薬? メルヘン系平和論
606 日本史の「ライバル」04 神々の悠久なるリベンジ 連敗後に逆転勝利
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・600記事一覧~ №501-599編 だがしか史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・500記事一覧~ №401-499編 満腹握りめ史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・400記事一覧~ №301-400編 颯爽ろくでな史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・300記事一覧~ №202-299編 堂々肩すか史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
-------------------------------


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント