日本史の「タブー」09 人脈交錯の天皇弑逆事件

日常会話ではあまり使いませんが、「弑逆(しいぎゃく)」という言葉があります。 少し探ると、「光秀が信長を弑逆した本能寺の変」との使用例も挙げられて いましたから、要するに ~臣下・子など目下の者が主君や親など(目上の者)を殺すこと~ を意味する言葉のようです。 さてここまでは、フムフムと読み流していたのですが、その後の段に…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more