日本史の「異国」04 城が無くては都と云えぬ

言葉に疎い筆者なぞの知るところではありませんでしたが、本来の「城」って、 たとえば姫路城や大阪城など、現代の日本人が普通にイメージするもの とは大きく異なって、人間が生活する都市や村など居住地域全体を囲う 施設を示す言葉だそうです。 なんやて? 地域全体を囲う「城」だって? ・・・この定義に、いささかの違和感を覚える方もい…
トラックバック:8
コメント:2

続きを読むread more

日本史の「怪人」20 妊娠15ケ月の万世一系

昔々のある女性の主張です。 ~生まれた子の父親が夫であることは間違いありません~ 我が国の古い記録にも残されいるお話です。 しかし、この主張に対してこんな反論が出ても不思議ではありません。 ~それはとってもヘンだ! だって、それだとアナタのお子さんの誕生は   貴女の夫が亡くなってから一年以上も経過してからのことになります …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「デジャヴ」27 皇室婚約すったもんだ

譲位を強く希望された今上天皇が、本2019年5月1日に退位され、その後を 新しい天皇が継承されることはご承知の通り。 ところが実は、それまでの皇室典範には譲位の規定はなく、 ~皇位の継承は天皇の崩御によってのみ行われる~と定められていたそう です。 言葉を換えれば、 ~天皇に限っては生涯現役を貫くべし~という意味になるのでしょ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「列伝」19 子作り五十人の人海戦術

たまたまのこと、平安時代の第52代・嵯峨天皇(786-842年)の事績に 行き当ったところ、こんな説明になっていました。 ~系図などによれば49名の皇子皇女がいたと言われている~ なんと! だったら、何らかの事情があって系図に載せなかった、あるいは 載らなかった子供達が、この他にもいたかもしれん。 そう考えれば、「子作り五十人…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「言葉」28 前後左右どっちから見て?

たまたま手にした本を眺め読みしていたら、着物(いわゆる和服)について、 こんな説明にぶつかりました。 ~養老3(719)年、元正天皇が襟を右前にせよとの「右衽(うじん」の令」を   発しました。   ここから、着物は右前に着るようになり、現代まで続いています。~ ちなみに、元正天皇(第44代/680-748年)は、第40代・天…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more