日本史の「ツッパリ」17 独創美意識?の幕引き

少々乱暴に言い切ってしまうなら、明治期の「文明開化」とは、
日本が従来使用していた「モノサシ」を西欧製の物に持ち替える
作業のことを指していたのかもしれません。

伝統ある「チョンマゲ」から愛想のない「ザンギリ頭」へ、「藩」から
「県」へ、「士農工商」から「四民平等」への転換など、この時期に
従来のハード・ソフトの多くを西欧仕様に変更しています。

そしてまた「美意識」もその例外ではなく・・・たとえば、当時の
日本人が好んだ「化粧法」は、どうも外国人の目には美しい
とは映らず、むしろ文明を知らない「野蛮人」のグロテスクで
不気味な風習?として捉えられていたようです。

思わず「無礼者!」と声を荒げたくもなりますが、ドッコイ実は
当の日本人さえ、今ではその「文明開化」仕様の美意識に転向
してしまったのですから、そうもできません。

では外国人にとって、何がそんなに「グロテスク」だったのか?
ズバリ、「引眉」「お歯黒」がそれでした。
いまや当の日本人自身も忘れ去ったその「化粧法」?を簡単に
説明するとこうなります。

  「引眉」~「剃る・抜く」などした眉の跡に薄い眉を描く化粧法
        で、また江戸後期以降は描かないことも多かった~

「お歯黒」~文字通り「歯」を「黒く」染める化粧法で、公家男性や
        明治以前の主に既婚女性が愛用?した~


つまり、「眉が無くお歯黒」の女性は、当時の外国人の「美意識」
からすれば、「野蛮な風習」であり「見た目が不気味だ!」という
わけです。 しかしこれは、これから国際社会の一員に加わろう
とする日本にとっては、まことに都合の悪い「評価」でした。

日本側が「チョンマゲ」対策、いわゆる「断髪令」(明治4年)より先に
華族に対する「眉剃り・お歯黒」禁止を発令(明治3年)したことも、
外国人が「チョンマゲ」よりも、こちらの方に「より大きな異様さ」
を感じていたことの証明になるのかもしれません。


お歯黒堀内01 お歯黒引眉01









現代の女性(堀内敬子) / 江戸時代の女性(眉剃り・お歯黒)

  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

そうした取り組みの最中にあって、一役買ったのが明治天皇の
皇后
(昭憲皇太后/1849-1914年)でした。
皇后としての立場からも、欧化政策の先頭に立たなければなら
ないことを強く自覚し、明治6年のこと、この「シュールな?風習」
を率先してやめました。

これがきっかけとなって、同様の「変身」?が一般女性の間にも
少しずつ浸透していったわけです。
そういえば、男性の断髪実行も、夫である明治天皇(1852-1912年)
が、同じ明治6年に西洋風の髪型に改めたのをキッカケとして、
次第に一般男性にも普及していったとされています。

ともあれ、鎖国中は自国の文化を大切に守ってきた日本も、
いざ「開国」となるや、欧米美意識の受け入れを拒否しきれず、
結果として伝統の美意識を捨てざるを得ませんでした。

それどころか現代では、江戸時代を扱うドラマにおいてすら、
「眉剃り/お歯黒」姿の市井の「おかみさん」がめったに登場
しないほどの徹底ぶりです。

今風の言葉なら「断捨離」?と言ったところですが、ただドラマの
「御公家」役に限れば、本来「あるべき」姿、つまり
~眉を剃り上げ、その上方に墨で二つの丸い眉?~の面容で
登場しています。

この「二つの丸い眉」を「てんじょうまゆ」というのだそうですが、
おデコの随分と高い位置にあるので、ワタシはてっきり「天井眉」
と書くものだとばかり思い込んでいたのですが、ドッコイ、そうは
問屋が卸さないッ!

発音は同じながら、本当は「殿上眉」と書くのが正解だそうで、
要するに身分高き「殿上人」であることを示す「身分証明書」?の
役割を担っていたということです。

では、現代感覚からすれば確かにシュールな、眉剃り/殿上眉
/お歯黒
などの美顔法?化粧法?が生まれて、そして普及して
いった事情はどうだったのか? 残念ながら、実はこの辺りの
ことは必ずしも十分には解明されていないようです。

さて、もう少しツッパり続けて、伝統の「独創美意識」、つまり
「眉剃り/お歯黒」を守り通していたとしたなら・・・ひょっとしたら
何年か前の「和食」文化と同様に、奥行きある「和化粧」文化と
して、今頃は「世界遺産」に登録されていたのかもしれません。

それを思えば、この「文明開化」における、眉剃り/殿上眉/
お歯黒
の唐突な「幕引き」は実に無念で残念な出来事でした。
・・・もっとも、~うーむ、それほどには無念でもないゾ~
こんな声も、チラホラ聞こえてはくるのですが。




  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓


          

---これまでの 「ツッパリ」 シリーズ---------------
326 日本史の「ツッパリ」16 ”奇跡の勝利”は忘れられない 次回も奇跡を!
313 日本史の「ツッパリ」15 その信心は邪教である! 日蓮だけが正しい?
279 日本史の「ツッパリ」14 此の世をば”灰左様なら” 本心か?矜持か?
272 日本史の「ツッパリ」13 古事記と漢字廃止 世界に冠たるハングル?
223 日本史の「ツッパリ」12 筋を通せばクビが飛ぶ 至誠は天に通じない?
183 日本史の「ツッパリ」11 切腹がなぜ名誉なの? それが武士の面目だ!
173 日本史の「ツッパリ」10 五尺の体にみなぎ気迫 大和魂か蛮勇か?
144 日本史の「ツッパリ」09 ♪地球の上に朝が来る 驚天動地の新神様!
132 日本史の「ツッパリ」08 釜かぶり今昔物語 どうせなら最期もド派手に!
126 日本史の「ツッパリ」07 天武系百年のストレス人生 薄幸と断絶の結末!
109 日本史の「ツッパリ」06 心頭滅却すれば・・・ 心の持ち方が肝要なのだ!
070 日本史の「ツッパリ」05 黄門様のあてつけ 綱吉クンこれが出処進退だ!
066 日本史の「ツッパリ」04 昭和軍閥の原点 それは“関ヶ原”から始まった!
055 日本史の「ツッパリ」03 将軍と墓石入牢 吉宗VS宗春のガチンコ対決!
050 日本史の「ツッパリ」02 崇徳の憤懣遺言 その憤りは昭和も続いていた!
037 日本史の「ツッパリ」01 金銀入歯組 男だては決してラクではないゾ!
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史~超駄級・300記事一覧~ №202-209編 堂々肩すか史!
-------------------------------


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック