日本史の「怪人」10 火吹き達磨のトンデモ説

大村益次郎(1824-1869年)は長州征討(1864/1866年)や、
戊辰戦争(1868-1869年)などで指揮を執り、長州藩の勝利を
導いたことで、「維新の十傑」に名を連ねる人物です。
逆に言えば、「維新の三傑」(西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允)
ほどには有名でないということかもしれません。

それに、村田蔵六という別の名前を使っていた時期があった
ことも、知名度という点では不利です。
そこそこの歴史通でなければ、大村益次郎村田蔵六
同一人物であることに気が付かないからです。

それはともかく、この大村益次郎(村田蔵六)自身は結構面白い
エピソードをもっています。 たとえば、郷里で医者をしていた頃
(1850年頃/20歳台半ば)のお話ですが、時候の挨拶を受けた
大村が返した言葉が・・・「夏は暑いのが当たり前です」
万事がこんな調子で、とことん愛想のない人間だったとされて
います。

だったら、その辺にいそうな「愛想のない名医」の一人だったか
と言えば、これがまた決してそんなことはなく、お弟子からも
「先生はヤブだ」と太鼓判を押されるほどの「迷医」?でした。

また、この「愛想のなさ」は相手を選ばず発揮され、西郷隆盛
福沢諭吉などとも、結構過激な問答を繰り返していますから、
「世間ばなし」風の会話を根っから苦手としていたのでしょう。

さらには、その西郷隆盛と同様に大の「写真嫌い」で、現在の
ところ、大村本人と確認できる写真は一枚も残されていません。
ですから、その風貌についてはキヨッソーネの「肖像画」に頼る
ほかないのですが、これがまたご本人を前にした「写生画」では
なく、大村の死後、生前の姿を知る人の証言・意見を参考にして
描かれたものなのです。

そうした中には、こんな目撃者証言?もありました。 
~短躯で色黒、大頭で広いデコ、濃い眉に長い目、デカイ耳で、
  鼻は高い~ 
こうした特徴をまとめ上げて完成させたのが、
下の<オリジナル肖像画>です。


大村益次郎51 大村益次郎51-10%












  <オリジナル肖像画>  ※縦10%詰<ニセ肖像画>?

  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

ただ、この「肖像画」には、各方面?から多くの疑問が寄せら
れていることも事実です。
~よく分からんが、なにか不自然な感じがしないか?~

う~ん確かに! 絵心のない者でも幾分の違和感を覚えるゾ。
しかし、その「人相」?は先の目撃者証言?に沿ったものに
なっています・・・だったら、いったいどこが?
○「大頭で広いデコ」という証言に捉われすぎているのでは?
○「原画」は縦横比の縦が10%程度詰まっていたのでは?
○アダ名の「火吹き達磨」をとことん強調したかったのかも?


おっと、大村が頂戴したアダ名「火吹き達磨」に触れることを
すっかり忘れていました。
その「名付け親」?は、同じく長州の周布政之助とも高杉晋作
とも言われていますが、要は大村の風貌には「火吹き達磨」
連想させる何かがあったということでしょう。

ちなみに、その「火吹き達磨」とは、
~小さい達磨形をした銅製などの容器で、水を入れて火のそば
  に置くと、熱せられて口から蒸気を吹いて火鉢などの火を
  おこす道具~
だそうで、併せてこんな説明も。
~各家庭から囲炉裏の姿が消えていく昭和初期頃までは割合
  広く一般的に使われていたモノ~
とのことです。

更に、まったくの蛇足になりますが、もうひとつ触れておきます。
   邦画「七人の侍」(1954年) → 洋画「荒野の七人」(1960年)
邦画時代劇に登場する”刀” → 洋画「スターウォーズ」(1977年)
                     登場した”光線剣”(ライトセーバー)
などからも分かる通り、アメリカ映画界が「和物」?からヒントを
得て、それを作品化することは決して珍しいことではありません。

その流れを慎重に追っていくと、こんな仮説に行き当たります。
~そのハシリは、大村益次郎のこの「肖像画」にあった!~
つまり、SF映画「宇宙水爆戦」(1955年)に登場した宇宙人?
”メタルナ・ミュータント”は、大村のこの「肖像画」や「アダ名」を
ヒントにして創造されたに違いないとする意見です。

火吹き達磨52逆 宇宙水爆戦51











    火吹き達磨    ”メタルナ・ミュータント”/映画「宇宙水爆戦」

多分、単なる「トンデモ説」だとは思うのですが、それなりに
説得力を備えた魅力ある「説」であることもまた事実です。




  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

          



---これまでの 「怪人」 シリーズ----------------
273 日本史の「怪人」09 実在?架空?この人物 実在した意外な人物!
262 日本史の「怪人」08 洋学者”象山”の日本人離れ その面貌と大言壮語
215 日本史の「怪人」07 慶安のリストラ蜂起 無策政府には我慢がならぬ!
210 日本史の「怪人」06 戦国の起き上がり小法師 知恵と行動が復活の鍵!
169 日本史の「怪人」05 彼は何の種を蒔いたのか? 自虐史観のA級戦犯?
162 日本史の「怪人」04 遺体は世界を駆け巡る? 聖人は死後も広告塔を!
158 日本史の「怪人」03 丸か四角か?この地球 地球論争ガチンコ対決!
147 日本史の「怪人」02 “親の七光り“を捏造? 親が偉けりゃ自分も?
145 日本史の「怪人」01 西鶴の超人技は本当か? 早口言葉と腹話術?
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
-------------------------------





夜光怪人 【中古】afb
古書 高原書店
発行年:1980年備考:ヤケ、カバシミ・少ヤブレ状態:B-サイズ参考画像はありません

楽天市場 by 夜光怪人 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

平成仮面ライダー怪人伝 (単行本・ムック) / 成瀬史弥/著
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 平成仮面ライダー怪人伝 (単行本・ムック) / 成瀬史弥/著 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

井上土建
2015年06月04日 06:45
3位おめでとうございます
2015年06月04日 07:35
>井上土建さん

コメントありがとう。
3位といっても、どうも前日集計分精算のタイムラグ?に
よるもので、実力?とはいえないようです。
ですから多分、またすぐに元の順位に戻ってしまうと
思います。
これからも、根気よく応援頂けたら幸いです。
また、月末は急遽「千音寺」まで行くことになり、
お会いできずで申し訳ありませんでした。

この記事へのトラックバック