日本史の「謎解き」18 渡世人の生活費は?

昔の東映時代劇にあった「関の弥太っぺ」サンとか、その後の
TV時代劇の「木枯らし紋次郎」サンなど、こういう人たちを
いわゆる「渡世人(とせいにん)」と呼んだようです。
しかし、この言葉くらいは聞いたことがあるにせよ、その生態?に
ついては現代人の常識になっていません。

別の「旅烏(たびがらす)とか「旅人(たびにん)という言葉から、
気楽な立場で「余暇旅行」を楽しむ人を想像し勝ちですが、
これが大間違いのコンコンチキ。
それどころか、中には少なからず「命がけの逃避行」もあった
そうですから、その点、映画や小説はある程度「お気軽」な
描き方にしてあるのかもしれません。

しかし、どんな「旅」であろうが人間の旅である以上は、宿泊費や
食事代など最低限の「生活費」?は必要になります。
そうなると、さて正業にも就いていない
~彼らはいったいどういう方法で生計を立てていたのか?~

そこで思い出すのが、昔々の時代劇によく登場していた
「一宿一飯の恩義」というセリフです。
その土地の「親分」サンに挨拶を通すことで、「一泊」と「一食」
確保できる無料互助システム?ですが、これには結構厳しい
ルールがあったとされています。

たとえば、まずは最初に「親分」サン宅の玄関先で正調の「仁義」
を切らなくてはなりません。 まあ早い話が自己紹介ですが、
例の「お控えなすって、お控えなすって・・・」を、とにもかくにも
ノーミスでスマートにやり切る必要がありました。

所作に「うっかりミス」や口上を「噛む」などは、その時点で瞬時に
失格?・・・というより「渡世人を騙るニセ者」と見做されてボコボコ
にされるか、運が悪ければ殺されることだってあったようです。

では、「ボコボコが嫌い」な上に、「滑舌の悪い」渡世人は
どうしたらいいのか? 冷たいようですが、基本的に「野宿」を
選択するよりほかないでしょうね。

しかし、そのハードルを乗り越え、運よく無料の「一宿一飯」
与かったとしても、それだけの話です。
では、肝心の「現金」はどう手当てしていたのでしょうか?


画像





 「関の弥太っぺ」
 原作:長谷川伸
 主演:中村錦之助


画像





 「木枯らし紋次郎」
 原作:笹沢左保
 主演:中村敦夫




  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

その「現金」もやっぱり「一宿一飯」の折に入手できたようです。
百点満点のスマートな仁義が切れ、晴れてそのお許しが頂けた
際には、渡世人側はそのご挨拶代わりとして親分サン側に
「手拭い」を預けることをしていました。

そして、立つ時にはそこに「幾ばくか」の現金を添えて返された
そうですから、つまりそこには「路銀(旅費)」カンパの意味が
あったのしょうね。
しかし、その「幾ばくか」の多寡は決して各人一律ではなく、
それこそ渡世人本人に対する親分サン側の評価ですから、
「想定外の額」であっても注文を付けることはできません。

いや、注文は付けられたかもしれませんが、そんなことをしよう
ものなら、おそらくはまた「ボコボコ」が待っていたはずです。
で、渡世人にとっては、こうした時に受け取る「添金」が、ほとんど
唯一の「現金収入」だったそうですから、たぶん「リッチな渡世人」
などは存在しなかったものと想像されます。

しかし、現在とは逆の、ホテル側?が「旅費」を賄うという、この
システムを「うらやましい」などと思ってはなりませぬ。 
なぜなら、この「一宿一飯ホテル」?には半端でない厳しい
ルールがセットになっていたからです。

飛び切り流暢なシャベリ術を必要する先の「仁義」もそうなら、
夕飯のおかわりは”二膳”で打ち止め、出されたものは”完食”が
絶対条件、食器の後始末は”セルフサービス”、寝布団も
”一枚きり”、頼まれごとを”断る”などもってのほか、さらには家人
に対する礼儀・作法・所作にも飛び切り厳格なものがありました。

そして、これらのどこかにウッカリ落ち度があろうものなら、また
「ボコボコ」が待っているのかもしれないのです。
これでもアナタは、まだ「渡世人」になりたいか?
ワタシも強いてお勧めしようとは思いません。

「渡世人」の世界は、やっぱり「関の弥太っぺ」や「木枯らし
紋次郎」で楽しむくらいの方が、何かと無難に思えるからです。

※ちなみに、このご両人の時代設定を勝手に天保年間(1830-1844年)頃と
  想像しているのですが、本当はいつ頃なんでしょうか?



  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
 


---これまでの 「謎解き」 シリーズ----------------
214 日本史の「謎解き」17 異見はなぜ”申し訳ない”の? 必須のお作法?
204 日本史の「謎解き」16 ♪伸びた月代寂しく撫でて 月代は無用の長物?
195 日本史の「謎解き」15 何処が”皇”の住処? 韻が”現住所”を示す?
192 日本史の「謎解き」14 ”攘夷論”は科学なんですッ! 史実が事実だ!
182 日本史の「謎解き」13 伊達政宗の大胆と細心 遅れてきた男の正体とは
175 日本史の「謎解き」12 ピンハネ?は見ぬフリを 武士たる者の矜持だ!
146 日本史の「謎解き」11 “美容整形”は儒教違反ですか? なぜ盛んなの?
130 日本史の「謎解き」10 “外様”はなぜ石高が多い? 情勢は流動的!
123 日本史の「謎解き」09 “稲作”は尾張で終わり? 足止め150年の理由?
112 日本史の「謎解き」08 赤穂浪士のユニフォーム姿 何を着ていたのか?
106 日本史の「謎解き」07 “家”のない四人の将軍 なぜイレギュラーなの?
082 日本史の「謎解き」06 “米”はどこへ消えた? もし100人の村だったら?
063 日本史の「謎解き」05 賜姓のアリバイ 鎌足に賜姓はありえない!
058 日本史の「謎解き」04 三種神器と象徴 なぜ、鏡・玉・剣なのか?
057 日本史の「謎解き」03 鏡じかけの舞台 “能面”パワーの秘密とは?
049 日本史の「謎解き」02 綱吉の可視政策 法律は罰するためではない!
039 日本史の「謎解き」01 信長の財テク 天才はどこで商売を覚えたのか?
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
-------------------------------


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2021年02月03日 11:22
江戸時代の渡世人には私も興味を持ったものです。広沢虎造の「次郎長シリーズ」が好きで、いまだに聞いています。浪曲で聴くヤクザの世界は気楽な家業な様ですが、実際はかなり血生臭いものだったのですね。私もホームページを立ち上げ、清水一家二十八人衆のページとか、次郎長年譜などを(半分はパクリですが)調べて楽しんでいます。実際、渡世人の生活はこのサイトでも紹介されている様に、結構厳しかった様です、一宿一飯にありつけても「出入り」なんかに遭った時はいのち掛けだった様です。
私の場合、この時代の渡世人は大好きですが、今風のヤクザは大嫌いです。
面白い記事をありがとうございました。
2021年02月04日 14:23
角野順一さんへ>
ご丁寧なコメントありがとうございました。

広沢虎造と言えば、おそらく浪曲界最高最大のスターと
して評価される方でしょうね。

そして、その代表的な演題が角野さんもお好きな
「清水次郎長伝」で、これは虎造死後50余年を経過した
現在でも世代を超えた人気を集めているそうですから、
ちょっとした驚きでもあります。

角野さんのサイトって、充実していますねえ。
「清水一家二十八人衆」とか「歴史上の侠客」とかは、
拙ブロブの題材にしたいような内容が満載で、
楽しく拝見させていただきました。
今後も時折お邪魔させていただきます。

       「ヤジ馬の日本史」管理人:住兵衛

この記事へのトラックバック

  • 日本史の「謎解き」20 ヤマトタケルは何故キレた?

    Excerpt: お国は違いますが、「穏やかさ」が売り?のあのイエス・キリスト さんも意外な一面をお持ちでした。 それは、イエスさんがお弟子たちの一行とともにエルサレムに 着いたときの出来事・・・神殿の境内に入っ.. Weblog: ヤジ馬の日本冗史 racked: 2015-02-08 16:52