日本史の「陰謀」11 なぜ無いの?日本語お経

もちろん宗派によって違いもあるのでしょうが、仏式の葬式・
法事などの場で「お経」が上げられることが少なくありません。
しかし、この「お経」が幾分クセ者?なんですよねぇ。

読めないような漢字が並ぶのがほとんどで、その上普段着の
日本語とはまったく異質な言葉ですから、その意味もチンプン
カンプン、ほとんど呪文のレベルにあるからです。

そこで、こんな疑問が湧いてきます。
~なぜ無いの?誰にも分かりやすい”日本語”のお経~
その理由を推理してみることにしました。

大きく分けるなら、それは「善意の解釈」「悪意の解釈」
2種類になりそうですが、本日は特別に「二本立て」として、
その両方をご披露することにしました。

まずは「悪意の解釈」ですが、こちらの方は割合分かりやすい
かもしれません。
と言うのは、これにはキリスト教という前例?があるからです。

現代でこそ世界各国の言葉に翻訳されているキリスト教の
お経?「聖書」も、昔々はちょうど現代のお経と同じように原語?
で書かれていました。

ということは、庶民には理解できない言葉ですから、その内容を
知りたければ、それを教えてくれる神父様(プロ)を頼りにする
他に方法はありません。
つまりは、人々は「教会の仲介」無くしては神に救いを求める
ことができなかったということです。

言葉を変えるなら、「聖書情報」を独占することで信者より優位な
立場に立った教会側が主導権を握っていたということになります。
「情報独占」の優位性がとてつもなく大きいことは、昔も今も
変わりはありません。

その点は現代のお寺様もしっかり承知しているでしょうから、
それで敢えて「日本語のお経」への取り組みを避けているのかも
しれません。
念のため申し添えますが、これは「悪意の解釈」の一例であって、
事実この通りに違いないと言っているわけではありませんよ。


 画像
















  なぜ無いの?誰にも分かりやすい”日本語”のお経

  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

では、逆に「善意の解釈」もあるはずです。
いわゆる「鎌倉仏教」は平安時代末に登場した「末法思想」
触発されたもの、と捉えれば割合無理なく説明がつきます。

「末法思想」とは、この時期には人間も仏の教えも最悪な状況を
迎えるという考え方で、ちょうど20世紀の終わりに流行した
「ノストラダムスの大予言」?みたいな一種の「終末思想」です
から、少なからず人間側の「心理的動揺」を誘うことになります。

お話は飛びますが、ラーメン作りに例えるなら、本格的に
「スープの作り方」から始める方法もあれば、手っ取り早く
「お湯を掛けて3分待つ」方法もあります。

ところが、巷には「末法思想」が広がり、民衆は「今すぐ救いを」
と願っているのですから、鎌倉仏教がこれに応えるためには、
後者の「お湯掛け3分待ち」を選ぶより他に方法がなかったの
でしょう。

こんな緊急時?に「スープの作り方」から始めたところで、誰も
耳を傾けませんから、難しい?仏の教えを初歩から語り教える
ことよりも、手っ取り早く民衆に安心感を与えられる方法を優先
させたということです。

親鸞が「南無阿弥陀仏」の念仏を、日蓮が「南無法蓮華経」の
お題目をそれぞれ選択し、「これを唱えるだけで救われるゾ」
説いたことが、この「お湯掛け3分待ち」を採用した状況証拠?と
して挙げることができるのでは?

つまり、「善意の解釈」をするなら、「日本語お経」を作るだけの
十分なヒマ(時間)がなかったということになります。
~しかし待てッ、あれから数百年、その後だったら作るヒマは
  いくらでもあったじゃないか、えええ、そうじゃないかッ!~


なるほど、こうツッコミたくなるあなたの心情も、実はよく理解
できるのです。
ですから、これはあくまでも「善意の解釈」を前提にしたSF編
ご理解ください。

もっとも、この場合のSFとはScience Fiction(サイエンス・フィクション)
ではなくて、Short Fantasy(ショート・ファンタジー)ですから、要するに
「科学」ではなく、無邪気な?「ヨタ話」と解釈された方が無難なの
かもしれません。




  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓



---これまでの 「陰謀」 シリーズ-----------------
212 日本史の「陰謀」10 誰が”汚名”を着せたのか? 冤罪事件?の真犯人
188 日本史の「陰謀」09 鎌倉”最後の将軍”って? なぜ無名の存在か?
140 日本史の「陰謀」08 超裏ワザ・超極秘作戦 三人だけの胸の内へ?
133 日本史の「陰謀」07 なぜ征夷大(たい)将軍? “本物”はどこに?
105 日本史の「陰謀」06 身分を買う人々 “身分”は売買できましたッ!
096 日本史の「陰謀」05 塀の上を歩いた茶人 文化人か政商か、それとも?
086 日本史の「陰謀」04 偽装史?の先駆者たち “人を騙す”って・・・快感!
056 日本史の「陰謀」03 天下人の就職難 権力あれども身分がにゃ~!
052 日本史の「陰謀」02 混乱の即位固辞 三人は何を考えて辞退したのか?
046 日本史の「陰謀」01 聖徳太子の狂言 国書盗難にヤラセの疑い?
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
-------------------------------

正信偈

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック