日本史の「怪人」06 戦国の起き上がり小法師

「戦国時代」はいつ始まったのか? そのひとつにはこんな
見方もあるようです。 ~そりゃあ、やっぱり室町六代将軍・
足利義教(1394-1441年)の首が落ちた瞬間からだろうゼ~


この見解に従えば、この義教将軍暗殺(嘉吉の乱1441年)
実行犯・赤松光祐(1381-1441年)こそが「下克上・戦国」の世の
幕を切って落とした人物ということになります。

ちなみに、この満祐は「三尺入道」とも呼ばれていたようですが、
ここでいう「三尺(≒90センチ))」とは、アナタが思い当たる
「腹周りサイズ」ではなく、常識的には「身長」を示していると
思われるので、つまりは非常に小柄だったということでしょう。
※ただし、この「三尺」も身体検査時の数値ではなく、あくまでも「あだ名」。

さて、将軍の急死?で大混乱に陥った幕府側も、数ヶ月後には
なんとか立ち直り、天下の謀反人?満祐を自刃に、そして当の
「赤松家」自体をも実質的な滅亡に追い込んでいます。

それにしても、極端に小さな体(三尺?)で、極端な大事(将軍暗殺)
を実行し、挙句の果てに極端な結末(御家滅亡)を招いたこの
赤松満祐もまた「怪人」と呼ぶに相応しい人物のひとりです。

さて、この暗殺事件から十数年後、その「赤松遺臣」たちが見せた
行動も、実は満祐に負けず劣らずのビックリ仰天ものでした。
彼らは幕府に対して”さりげない提案”を持ちかけたのです。


画像 画像













     起き上がり小法師     室町六代将軍・足利義教

  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓


この頃、天皇家の内紛?に巻き込まれる形になっていた幕府は
後南朝に奪われた「神璽」を取り戻すという、大きな宿題?を
抱えていました。 
しかし、この「神璽奪還」はそうそう容易な仕事ではありません。

そこに気が付いた「赤松遺臣」たちは”さりげない提案”を・・・
~お悩みの「神璽奪還」は私共が請負いましょうゾ。その代わりに
  「赤松家再興」の方のご再考もどうぞよろしゅうにネ~


つまり、幕府側の足元を見た赤松側には「過去の罪をチャラ」に
するだけでなく、どうせなら幕府に「恩を売って」、ちゃっかり
「御家再興」までも果たそうとする下心があったということです。

トップの将軍を殺された被害者・幕府とその加害者・旧赤松家
新たな協力関係を築くなどは、平時なら考えにくいことですが、
意外にもこの商談?はまとまりました・・・こういうところも既に
「戦国」の風が吹き始めていたことの証拠かもしれません。

背に腹は変えられない! 毒を喰らわば皿まで! なんでもあり!
破れかぶれ! ヤケのやんぱち! バンザイアタック! ・・・
どんな表現が適切なのかは分かりませんが、双方にはこんな
気分が漂っていたのでしょう。

さて、奪還を外注?したその後も、「神璽」は行ったり来たりを
繰り返しますが、契約?通り幕府に「御家再興」(1458年)
認めさせた赤松家のこの姿は~どのように倒しても必ず
起き上がってくる「起き上がり小法師」
を連想させます。

こうしてみると、義教暗殺犯・赤松満祐が「怪人」なら、一旦
滅亡した赤松家を常識破れの提案と破天荒な行動で再興させた
遺臣たちも、また間違いなく「怪族(怪人一族)」?と言えそうです。

~独裁者?のトップが部下の裏切りによって呆気なく倒れる~
この「将軍・義教暗殺」によく似た事件が、実はこれからおよそ
140年の後にも起きるのですが・・・もちろん、それは「織田信長
暗殺事件」(本能寺の変 1582年)を指しています。

するってぇと、「戦国時代」は「暗殺」に始まり「暗殺」に終わる?
う~ん、これが「戦国のニヒルな美学」ってか!





  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓




---これまでの 「怪人」 シリーズ----------------
169 日本史の「怪人」05 彼は何の種を蒔いたのか? 西洋憧憬の後遺症?
162 日本史の「怪人」04 ”遺体”は世界を駆け巡る? 聖人も楽ではない!
158 日本史の「怪人」03 丸か四角か?この地球 地球論争ガチンコ対決!
147 日本史の「怪人」02 “親の七光り“を捏造? 親が偉けりゃ自分も偉い?
145 日本史の「怪人」01 西鶴の超人技は本当か? 早口言葉と腹話術?
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
-------------------------------





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本史の「怪人」10 火吹き達磨のトンデモ説

    Excerpt: 大村益次郎(1824-1869年)は長州征討(1864/1866年)や、 戊辰戦争(1868-1869年)などで指揮を執り、長州藩の勝利を 導いたことで、「維新の十傑」に名を連ねる人物です。 逆.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2015-05-30 12:45