日本史の「発明発見」03 偏諱(へんき)を賜う

「偏諱を賜う」(へんきをたまう) 辞書では、このように説明
されています。 ~将軍や大名が、功績のあった臣や、
元服する者に自分の名の一字を与える~
 こと。

実際の例としては、後の上杉謙信が一時期名乗った長尾輝虎の
「輝」の字は、室町13代将軍・足利義輝から賜ったものであり、
また、後の徳川家康が元服の折、松平元康となった「元」も、
今川義元から貰ったこと、などが挙げられます。

この場合、~主の名前の下の字を貰い、自分の名前の上に
付ける~
のが普通のスタイルで、上の「義輝」→「輝虎」も、また
「義元」→「元康」の場合も、確かにそのパターンを踏んでいます。

では、この「偏諱を賜う」は、いったいどの程度に普及?していた
ものでしょうか?
その一例として、地元の三英傑(信長・秀吉・家康)のケースを
取り上げてみましょう。 (参考:Wikipedia)

織田信長(1534-1582年) 戦国の世で天下統一
→ルール?に沿って「信長」の下の字「長」を名前の上の字として
  与えた者が10人程、また上の字「信」を与えたのはそれ以上。

豊臣秀吉(1537-1598年) 信長の後の天下人
→これもまた、普通の「吉○」式が、大谷吉継など5人で、
  「秀○」式が10人以上。

徳川家康(1543-1616年) 江戸幕府・初代将軍
→長男・松平信康、次男・結城秀康を初めとして総勢40人ほど。
  その半数くらいが「康○」式、残りが「○康」、または「家○」式
  になっています。


画像









    織田信長       豊臣秀吉       徳川家康
-----------------------------
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←お立ち寄り”記念クリック”も!
-----------------------------

こうしてみると、身内や盟友筋に「賜う」場合は別として、
自分の「家臣」に対して「偏諱を賜う」ことは、それほど多くは
なかった印象になりますが、それもあながち間違いではなく、
たとえば信長の場合などは、丹羽長秀、金森長近の2名だけ
だったと言われています。

しかし、なんでまた主君は自分の「名」を与えたのでしょうか?
そこには、いたってシンプルで現実的な理由あって、要するに
「懐が痛まない」ことが大きな魅力だったようです。

仮に、家臣に対するご褒美として、領地や金を与えれば、
何らかの形での「出費」が必要になりますが、「字を与える」
(偏諱を賜う)のであれば、実質「出費ゼロ」ということで、
まことに経済的なわけです。

一方、頂戴する側からしても、他の者はなかなか手にできない
「レア物」をゲットできるのですから、これがちょいとした
「自慢の種」「格式(ステータス)」になり、自身をその他大勢とは
一味違う「特別な存在」としてアピールできることになります。

つまり、「与える側」と「貰う側」の双方に、大きなメリットがあった
からこそ、この慣習が続いたのでしょう。
とは言っても、数が多ければ「レア物」ではなくなり、その分だけ
「値打ち」が下落してしまいますから、そうそう乱発もできない
わけです。

それはともかくとして、「偏諱を賜う」とは、言葉を変えれば、
「無から有を生み出す」ことでもあるわけで、そういう意味では、
日本人らしい繊細な気配りが行き届いた、「グッド・アイデア」
「知恵」「発明」
のひとつと言えるのかもしれません。

まあしかし、良いことづくめでもなく、たとえば、福助サンから
「偏諱を賜う」ことになった一平サンが、新たに「助平」と名乗った
場合などは・・・う~ん、さすがにこれはなかったかもしれんナ。





   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ 
     ↑折にふれ 1日1回の応援クリックを!↑

          



---これまでの 「発明発見」 シリーズ-------------
174 日本史の「発明」02 棲み分けを旨とすべし! 独裁を悪とする心情?
103 日本史の「発明」01 気配りされたアリバイ工作 繊細かつ大胆に!
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・100記事一覧編~ 神話から戦後まで一挙公開!
-------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本史の「発明発見」04 昭和遺産?シャレでごんす

    Excerpt: 幕末日本において“攘夷論”がフィーバーした背景には、 少なからず「神道」と「儒教(朱子学)」の影響があったように 感じられます。 というよりは逆に、「神道」と「儒教(朱子学)」を上手くブレンドし.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2014-05-05 17:40