日本史の「陰謀」09 鎌倉”最後の将軍”って?

「明治維新」と重なる時期の、江戸幕府“最後の将軍”といえば、
十五代・徳川慶喜その人です。
また、「戦国時代」と重なる時期の、室町幕府“最後の将軍”とは、
これもまた十五代の足利義昭です。

ここまでは、割合知られているようですが、では、もうひとつ前の
鎌倉幕府“最後の将軍”とは、一体誰?
こういう質問になると、大体が「う~ん、誰だっけ?」ということに
なるのではないでしょうか?

どこかに~三代で滅んだ~というイメージもあってか、中には、
三代・源実朝が“最後の将軍”だったと理解している方も少なく
ないようですが、しかし~三代で滅んだ~のは、初代・源頼朝の
血筋のことであり、鎌倉幕府そのものではありません。

つまり、鎌倉幕府が続いていたからには、その後も“将軍”は
存在していたわけです。
では、“第何代のどなた”が“鎌倉幕府・最後の将軍”だったの
でしょうか?

調べれば、すぐに分かる底の割れたクイズですが、答えは、
“第九代・守邦親王”(在職:1308-1333年)という方だそうです。

つまり、三代・源実朝以降は皇族・公家から、今風にいうなら、
“人材派遣” (基本的に幼少者)をしてもらい、なるべく超長期の
任期?をもって、”お飾り将軍”に座って頂いていたことに
なります。

朝廷勢力に逆らって立てた「武家政権」のトップに、皇族・公家の
人物を据えるのも、ヘンと言えばヘンなお話なのですが、
ともかく、1219年(実朝の死)から、鎌倉幕府滅亡の1333年に至る
100年以上に渡って、このスタイルを続けました。

“お飾り将軍”ということは、バックに真の実力者がいたことになり
ますが、ではなぜ、その勢力自らが“将軍職”に就かなかったの
でしょうか?
決して、「遠慮深かった」という理由ばかりではないようです。


画像

















 鎌倉 鶴岡八幡宮/鎌倉初代将軍・源頼朝ゆかりの神社
-----------------------------
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←お立ち寄り”記念クリック”も!
-----------------------------

朝廷側に、こうした“お飾り将軍”を出させるだけの力を持っていた
実力者といえば、間違いなく、“北条家”でしょう。
鎌倉幕府”初代将軍・源頼朝”の妻・北条政子の実家です。

その“北条家”自らが、“実力将軍”の座に就かなかった理由に
ついては、一応このように説明されています。 参考:Wikipedia
~元はといえば、伊豆の一介の小豪族に過ぎない出自の
低さのため、仮に将軍職に就いても、有力御家人たちの
心服を得ることは難しかったため・・・~


しかし、この説明はいささか「控え目」に過ぎる印象で、もっと
踏み込むなら、北条家は、いわゆる「明日は我が身」という
思いを持っていた・・・ということなのでは?

つまり、こういうことです。
北条家は、自ら担いで、初代・頼朝、二代・頼家、三代・実朝と
源氏トップの人材を将軍に就けましたが、実は、頼朝は
落馬?事故、頼家・実朝の両人は暗殺、というように、三人が
三人とも「不可解な死」を迎えています。

この三人の「不可解な死」に、政子の実家・北条家が少なからず
関わっていたことは、まず間違いのないところで、ならば、
いくつかのライバルは滅ぼしたとはいえ、まだまだ「有力御家人」
たちが残っている状況下で、無理を押して自らの一族の人間を
将軍職に就かせることは、今度は自分達がそのターゲットに
なりかねない・・・そんな心配もあるわけです。

そこで、「名より実を取る」、つまり栄光の“将軍職”より、政界の
”黒幕”、”フィクサー”の立場を選択したのでは?
なにせ、なにごとも「命あっての物種」ですからネ。

で、北条家がこうした「小ずるい」?政策を用いたことで、本来の
“栄光の将軍”は、単なる“派遣将軍”“お雇い将軍”という
立場に格下げされたことで、鎌倉幕府“最後の将軍”までもが、
「無名?の存在」にされてしまったわけです。 

その意味では、まことに「運のない」将軍でしたが、な~に、
気がつかないだけのことで、「不運」なんてものは、実は誰の
足元にも転がっているものなんです。

早い話が、たった今、こんな駄文に貴重な時間を奪われている
アナタ!・・・アナタは気が付いていないのかも知れませんが、
これこそ、「トッテモな不運」そのものなんですヨ!






   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ 
     ↑折にふれ 1日1回の応援クリックを!↑

          



---これまでの 「陰謀」 シリーズ-----------------
140 日本史の「陰謀」08 超裏ワザ・超極秘作戦 三人だけの胸の内へ?
133 日本史の「陰謀」07 なぜ征夷大(たい)将軍? “本物”はどこに?
105 日本史の「陰謀」06 身分を買う人々 “身分”は売買できたのか?
096 日本史の「陰謀」05 塀の上を歩いた茶人 政治顧問か政商か?
086 日本史の「陰謀」04 偽装史?の先駆者たち “人を騙す”って・・・快感!
056 日本史の「陰謀」03 天下人の就職難 権力あれども身分がにゃ~ァ!
052 日本史の「陰謀」02 混乱の即位固辞 三人は何を考えて辞退したのか?
046 日本史の「陰謀」01 聖徳太子の狂言 国書盗難にヤラセの疑い?
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・100記事一覧編~ 神話から戦後まで一挙公開!
-------------------------------






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本史の「陰謀」16 事件は”長袴”から始まった!

    Excerpt: 裾の丈がメッチャ長くて、足も出せないまま後ろに引きずる 袴姿は、 たとえば、「忠臣蔵」ドラマの江戸城内「松の廊下」 シーンにも登場します。 これには、見た目通りの「長袴」という名が付いていますが.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2016-02-28 08:14