日本史の「お国自慢」07 名古屋”やっとかめ文化祭”

地元名古屋では恒例の「名古屋まつり」(第59回目/
10・19<土>20<日>)
が開催されると、今年はその後に
「やっとかめ文化祭」(10・31<木>~11・24<日>)と銘打った
イべントが控えています。

「地元っ子」であるワタシも知らなんだこの情報を持参して
くれたのは、飛び切りの”情報通・帰山人”さんでした。
そのとてつもなく「幅広く奥深い」情報(珈琲・走る・歴史・映画など・・・)は、
  ”日本珈琲狂会”鳥目散 帰山人(とりめちる きさんじん)「帰山人の珈琲漫考」


さて、その情報に接し、早速この「やっとかめ文化祭」のWEBを
覗いてみました。
おぉおッ・・・これが予想以上に充実しているようで、早い話が
「出前版・カルチャー教室」といった趣を呈しています。

サブタイトルに~名古屋の「まちなか」が、舞台!~
謳われている通り、名古屋のいたるところを会場にして、
~芸どころ・旅どころ・なごや~を体感してもらうことで、
従来の「文化の見えない都市」という不名誉なイメージ?を
一掃すべく思惑も秘めているようです。

まあ、ああだこうだという説明よりは「百聞は一見にしかず」。
詳細は→ やっとかめ文化祭 ←からご確認ください。

さて、その中でワタシが注目したのが(これも帰山人さんの情報)
企画のひとつ「まちなか寺子屋」に総数16本もの「講演」が
予定されていることでした。

その「トリ(最後)」を担当するのが、他ならぬ名古屋生まれで
「逆説の日本史」の著者・井沢元彦氏ですから、こうなると、
ワタシとしても~ならば、行かねばなるめえ!~ということに。

※その出し物?のタイトルが、これまた「逆説の日本史 名古屋編」

画像








-----------------------------
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←お立ち寄り”記念クリック”も!
-----------------------------

この機会を通じて、名古屋が決して「文化の見えない都市」では
ないことを全国大勢のみなさんにも知って頂きたく、是非一度
この地に足を運ばれるようお誘いいたします。
酒はうまいしネェーチャンもキレイ・・・なハズ?です。

さて、そこで全国のみなさん向け、問題をひとつ。
問題)
 地元人にとっては当然の「常識」になっていることですが、
この文化祭に冠した「やっとかめ」という言葉の意味が分かり
ますか?
もちろん、「やっと噛め(た)」というような文化度の低い意味では
ありません。

正解) よく聞く言葉に直すなら、「お久しぶり」ほどの意味に
なります。 つまり、由緒正しい名古屋人の場合ですと、
久しぶりに友達に会った際には「おう、やっとかめだなあ」と
正しくごあいさつを交わすことになっているわけです。

ですが、ではなぜ「お久しぶり」が、全く語感の違う「やっとかめ」
になったのか?・・・ちょいとばかり不思議に思いませんか?

実はここに、地元・名古屋の「文化の奥深さ」が秘められて
いて、「邪馬台国」の所在地論争や「東洲斎写楽」の正体探しと
同じように、この言葉の語源についても、やはりかなりの数の
「推論」が存在しています。

その中のひとつに、~八つの目があるように見える「ウナギ」を
「八目鰻(やつめうなぎ)」と呼ぶ~
のと同様に、
~稀にしか姿を現さない習性を持ち、かつ、八つの頭がある
ように見える「亀」を「八頭亀(やっとかめ)」と呼ぶようになった~

という主張がありますが、実はワタシ自身はこの説にはいささか
の疑問を感じています。

その理由はいたってシンプルで、上の説はたった今ワタシが
思いついたヨタ話にすぎないからです。
・・・では、真実の「やっとかめ」とは?

漢字で書けば、「やっとかめ」は「八十日目」。
つまり、この場合の「八」は「八百万神」や「嘘八百」と同じように、
「たくさん」とか「多い」という意味になっています。

さらに深く追求するなら、「人の噂も七十五日」を越えるような
期間(八十日)、つまりは「前回会ったことさえすっかり忘れて
しまう」ほどの「久しぶり」という意味になっているわけです。

これは、「名古屋人は物忘れが激しい」と言っているのでは
ありません。
そうではなく、名古屋文化の「奥深さ」を象徴し、「お久しぶり」など
という、身もフタもなく気取って鼻持ちならない表現を柔らかく
避けている言葉なのです。(名古屋人はオトナなんです!)

もっとも、時にはこんな露骨な言い回しもありますがね・・・
~なんだとぉ?「文化が見えぇせん都市」だとぉ?
  ダレだあァ?そんな”とろくせゃあ”ことを言っとるヤツはァ?~

※翻訳) 「文化が見えない都市」などと、一体どこのどなたが
       そんな馬鹿げたことをおっしゃっているのですか?




   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ 
     ↑折にふれ 1日1回の応援クリックを!↑

          



---これまでの 「お国自慢」 シリーズ---------------
163 日本史の「お国自慢」06 尾張の写真家殿様 歴史を残した先端技術者!
139 日本史の「お国自慢」05 “時代村”ここにあり! 歴史を体感するエリア!
125 日本史の「お国自慢」04 尾張に降った“古隕石” ご神体として祀る!
099 日本史の「お国自慢」03 日本史オールスター 史実も書き手もヤジ馬も!
080 日本史の「お国自慢」02 尾張系日本人の体験 気質は歴史にも責任が?
042 日本史の「お国自慢」01 古事記1300年 それは意外にも足元にあった!
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・100記事一覧編~ 神話から戦後まで一挙公開!
-------------------------------

この記事へのコメント

せっちゃん
2013年09月17日 07:54
“やっとかめ”です。
あの暑さが嘘のように、今日は爽やかな晴天です。
連休明け、順位が下がっているのではと心配しながらアクセスしましたが6位・・・。嬉しくてコメント欄へ。
2013年09月17日 08:51
いやあ、ほんとに”やっとかめ”です。

いつも気に掛けて頂き感謝です。
たまたま幸運の順位ですが、やっぱり
応援はいつでも心底嬉しいものですので
今後ともよろしくお願いしますッ!

さて、本年は「暑さ」ときたら「体温超え」も
当たり前、「雨」ときたら我がお屋敷?の
前後の道路が「大運河」になるし、昨日の
「台風」はすぐ近所に上陸してくれるし、
そういう踏んだり蹴ったりの状況の中でも
しぶとく生き残っているのですから、これは
もうほとんど奇跡の世界です。

季節も良くなりましたら、折をみて是非
名古屋へも出張ってくださいナ。
それこそ”やっとかめ”にお会いしたい
ものです。お待ちしていますッ!

この記事へのトラックバック