日本史の「迷宮入り」06 ”新”は天皇家のカムバック?

大化改新建武新政明治維新/にはそれぞれ「新」の
字が使われていて、その事件?の内容そのものにもそれほど
極端な違いがあるようにも思えません。
では、この「歴史用語」を使い分けする基準・目安は
いったいどこにあるかをご存知でしょうか?

いいえ、ワタシは当然のごとく知りませんヨ。
知らないからこそ、わざわざ話題にしているのですから、
ワタシのやっていることは一本スジが通っています。

さて、少しだけおさらいをしておきましょうか。
たいへんに大雑把ですがこんな程度の説明になりそうです。

「大化改新(たいかのかいしん)」 645年~。
朝廷を上回る権勢を誇った 蘇我家を倒した(乙巳の変)後に、
中大兄皇子らが中心となって行った国家改造。

「建武新政(けんむのしんせい)」 1333-1336年。
鎌倉時代と室町時代の間において、後醍醐天皇
が実権を握ったほんの数年間だけ、あの俄然アクの強い
天皇自ら先頭に立って「世直し?」に取り組んだ政治。

「明治維新(めいじいしん)」 その時期・期間について
学問的には諸説あるようですが、ここでは徳川幕府の終焉と
明治新政府の樹立などを睨んで一応1867年前後と
しておきます。これは、武士の時代が終わり現代日本が登場
するキッカケになっています。!

 出展:wikipedia 明治維新 「大政奉還図」 邨田丹陵 筆
画像















つまり、ごくごく簡単にいえば、それまで政治的な権力において
片隅?に追いやられていた「朝廷(天皇家)」が復権?を
果たした時にこの「新」の字が使われています。
ただ、冒頭で示したように、それには何かしらビミョーな違いを
つけています。

ちなみにこれらの用語の意味を探って見ますと、
改新→物事を改めて新しくすること。革新。
新政→機構や政令を一新した新しい政治。
維新→変革を意味し「これあらた」と読む。 ということのようです。

いずれの場合も、国是?である万世一系の天皇を頂くスタイル、
すなわち「国体」が転覆したわけでもないし、むしろ奪われて?
いたその権力を「朝廷側」が取り返した?形になっていますから、
さすがに「革命」という表現では不適当だろうという程度ことには
なんとなく理解が及びます。

しかし、正直なところ、この程度の定義?ではその各々の
意味合いの区別がつきません。
区別できないものであるのなら、たとえば「大化維新」「建武改新
明治新政」のような用い方でもOKという気もしますが、
これではなにかマズい点でもあったのでしょうか?

逆に、もし仮に最初の「大化改新」という言い方が既に定着して
なじみの深い呼び方だったとするなら、伝統に従いその後の
出来事も「建武改新」「明治改新」に統一してもよかったのでは
ないか・・・こういう考え方もできるように思われます。

しかし、実際にはそのような命名?はされていません。 
なんでやねん?

ちなみに、似たような言葉には「刷新」「一新」「革新」「変革」など
もありますが、これらも採用されずにいずれも落選しています。
というわけで、それぞれの名称がどんな経緯で、誰によって
決められたものかということを知ってみたいと思う次第です。

こんな時には、知っている人に教えを乞うのが一番近道と
いうワケでチャッカリこの記事を書きました。

「すぐにギブアップする、実に根性のない奴だ!」という見方も
あるでしょうが、ここはひとつ「腹の座った勇気ある態度だ!」
と、前向きに評価してくださいナ。


--------------------------
申し遅れましたが、明けましておめでとうございました。
--------------------------



 応援クリックも→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ   にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ ←どうぞよろしく
             にほんブログ村   日本史同好会


---これまでの「迷宮入り」シリーズ----------------
097 日本史の「迷宮入り」05 初めての火葬天皇 なんでまたこんなことを? 
095 日本史の「迷宮入り」04 半世紀将軍の子づくり なぜこんなにも大勢?
092 日本史の「迷宮入り」03 前方後円墳 この呼び方は間違っている?
078 日本史の「迷宮入り」02 黄金ネコババ事件 あいまいな史実? 
073 日本史の「迷宮入り」01 なぜ”八”がデカいのか? 九や十はどうした!
----------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・100記事一覧編 神話から戦後まで一挙公開!
----------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本史の「迷宮入り」07 ダイ・ハードは永久封印?

    Excerpt: こういうことに触れるのは一種の「タブー」であり「掟破り」かも 知れませんので、最初に~以下の推理?は全くの「空想」 であり「フィクション」である~ことを明確にお断りしておきます。 ※決して興味本.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2013-01-30 22:31