日本史の「謎解き」07 ”家”のない四人の将軍

ワタシ自身は昔からこのことに少なからず疑問を感じている
のですが、そのわりに世間様は静かですので、結局のところ
それほどの疑問ということではないのかもしれません。

江戸幕府には初代・家康から十五代・慶喜まで、延べ十五人の
将軍を数えますが、そのほとんど(11人)は名前の先頭に
「家」の字が付いています。

もちろん、これは初代・家康に敬意をはらってのことで、いわば
「家」の字は徳川将軍家の象徴ともいうべき意識で採用した
ものでしょう。

ところが、残りの四人(二代・秀忠/五代・綱吉/八代・吉宗
/十五代・慶喜)は、この象徴?である「家」の字を使って
いません。 では、それはなぜ?

順番に見ていきましょう。
まず二代・秀忠の場合ですが、これはワタシは納得しています。
多少好意的な目線で秀忠を眺めるなら、「関ヶ原」などの合戦を
体験しつつ、父・家康と二人三脚?で江戸幕府の基礎を固めに
尽力した人物とも言えるからです。

まったく同格といえないまでも、秀忠も家康と並び立つ
「幕府設立の功労者」ということですから、ことさらに「名前を云々」
などという考えもなかったと思われます。

問題は、初代・家康が「神君」と崇められるようになり、また三代・
家光の口から「余は生まれながらの将軍であるぞ」というセリフが
出るようになった、すなわち幕府の政治基盤が確固たるものに
なったその後の時代、つまり残り三人の将軍です。

実は、この三人には共通点があります。 
~おおッ、分かったゾ! 三人が三人とも名前に「家」の字が
付いていないでかないか!~
いいですか、今まさにその問題に取り組んでいるのですから、
妙な間合いでチャチャを入れるのはお止めくださいネ。

チャチャは無視して進めますが、実は三人が三人とも
本来なら、決して将軍にはなれなかった立場の人である、
という点が共通しています。

三代・家光の五人の男子は上から順に長男・家綱/次男・亀松
/三男・綱重/四男・綱吉/五男・鶴松であり、三人の
兄ちゃん方がそれぞれ比較的若くして先に死んでしまった
ために、この四男・綱吉にお鉢が回ってきたものです。
なにごともなければ、普通は四男に出番はありません。

八代・吉宗の場合はもっとすごいゾ!
紀州藩主・光貞の四男(将軍家の四男ではない!)として
生まれています。
なにせ、自分の上にはお兄ちゃんが三人もいるのですから、
将軍どころか紀州藩主になることだって無理な境遇であり、
これも通常なら「部屋住み」で一生を過ごすところです。

ところが、ドッコイ、お兄ちゃんたちがバタバタと死んでいき、
結局紀州藩主に納まっています。
その上に今度は将軍家の男子が途絶えるという事態が発生して
紀州藩主の吉宗におハチが回ってきたという、まさに「幸運の塊」
みたいな人物です。

さらに、最後の将軍・慶喜はそもそも超勤皇派・水戸藩の人間
ですから、元から「将軍」とは無縁の存在だったハズです。
それがひょんなことから「一橋家」の養子となって、将軍候補の
資格を充たしてしまったという次第です。

そんな境遇だった三人が将軍に大出世できたのですから、その
始祖である神君・家康に対する表敬の意味からも、つとめて
名に頭に「家」の字を使おうとするのが、まあごくごく普通の
感情ではないかという気がします。


 出展:wikipedia 「江戸城」(富士見三重櫓)
画像













でも、三人はそれをしていません。 
その理由・事情とは多分こんなことだったのではないでしょうか。

五代・綱吉はお兄ちゃんである四代・家綱から偏諱を賜って
いますから、頭の「綱」の字を変えてしまうことは、早くに死んで
しまった兄ちゃんに申し訳ないと考えたのかも知れません。

しかし、神君・家康と四代・家綱を比べれば、はやり家康を
重視する方がその子孫としては可愛気のある態度だったよう
にも思えます。
現に将軍職に就く折に、わざわざ「家」の字が付く名に改めた
人だっているのですから。

八代・吉宗もまたその事情はよく似たもので、この「吉」は五代・
綱吉から偏諱を賜ったものですから、「家」の字を入れる余地が
なかったものかもしれません。

ただ、十五代・慶喜にはハッキリした理由が見出せます。
元々は水戸藩の人ですから、常に徳川家より天皇家を大切に
思っており、いまさら徳川家の伝統である「家」の字にこだわる
ことは自分のポリシーからしてもチャンチャラおかしいと考えて
いたのではないでしょうか。

ですから、慶喜に「家」の字がないことについては、ワタシも
わりあいにスッキリ納得しています。

そこで問題は残りの二人ですが、歴史はかくあるべきだった
という気持ちから、ワタシが勝手に二人の改名を行ったのが
これです。

五代・綱吉→「家吉」/八代・吉宗→「家宗」

兄ちゃんや恩人より神君を重視すべきである!
このように考えるのは江戸幕府の公式学問である「儒教」の
教え=「孝」にも背いておらず、結構整合性のある「改名」だと
思うのですが・・・。
しかし、まあ、いまさらとなっては遅すぎるかもネ。



 応援クリックも→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ   にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ ←どうぞよろしく!
            にほんブログ村    日本史同好会


---これまでの「謎解き」シリーズ-----------------
日本史の「謎解き」06 "米"はどこへ消えた? もし100人の村だったら?
日本史の「謎解き」05 賜姓のアリバイ 鎌足に賜姓はありえない!
日本史の「謎解き」04 三種神器の象徴 なぜ、鏡・玉・剣なのか?
日本史の「謎解き」03 鏡じかけの舞台 ”能面”の秘密パワーとは?
日本史の「謎解き」02 綱吉の可視政策 罰するだけが法律ではない!
日本史の「謎解き」01 信長の財テク 天才はどこで商売を覚えたのか?
--------------------------------


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本史の「謎解き」09 ”稲作”は尾張で終わり?

    Excerpt: 「稲作」という最新技術が朝鮮半島から北九州に伝わったのは、 紀元前二世紀頃のことで、これが「瞬く間に」尾張(注)まで 伝わった、されています。 「瞬く間に」ですから、まあ一時間が二時間くらい?・.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2013-02-15 01:32