アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「伊達政宗」のブログ記事

みんなの「伊達政宗」ブログ

タイトル 日 時
日本史の「信仰」08 時代は殉死を御法度に
日本史の「信仰」08 時代は殉死を御法度に 病死にせよ自然死にせよ、主君が亡くなった場合に家臣・従者や近親者が その死を悼んで「追い腹を切る」、いわゆる「殉死」は、戦たけなわの 「戦国時代」にはあまり流行らなかったそうです。 この時代に戦さ以外の理由で死んでしまったのでは、その分だけ戦力を低下 させてしまうわけですから、考えてみれば当然なのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/10 00:01
日本史の「陰謀」13 毒殺未遂?政宗の真実
日本史の「陰謀」13 毒殺未遂?政宗の真実 〜自分を殺そうとした相手を許す〜 こんなことはよほど温厚な 人でも、到底・生涯・金輪際できることではありません。 それは、「殺し殺され」が普通に行われていた戦国の世でも 変わりのないことでしょう。 ところが、伊達政宗(1567-1636年)はそんな相手を許しています。 なんでか? お話は少々混み入りますが、こんな経緯でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/10/30 00:01
日本史の「謎解き」13 伊達政宗の大胆と細心
日本史の「謎解き」13 伊達政宗の大胆と細心 「遅れてきた戦国武将」のニックネーム?もある伊達政宗は いったい何に遅れたのか? 天下分け目の「関ヶ原の戦い」に遅れた(遅刻した)のは、 徳川家康の息子・秀忠であって、断じて政宗ではないゾ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/10 00:01

トップへ | みんなの「伊達政宗」ブログ

ヤジ馬の日本史 伊達政宗のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる