ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「言葉」25 長い物には巻かれよ 戦国版

<<   作成日時 : 2017/09/30 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〜勢力・権力のある者には逆らわないほうが身のためであるゾ〜
こうした意味の助言・忠告の格言が、〜長い物には巻かれよ〜
なかなかに説得力のある言葉ですが、幸いなことに、長い歴史の中には、
この言葉を彷彿とさせる出来事を見つけることができます。

ここでは戦国乱世における一例を取り上げてみますが、この場合の
「勢力・権力のある者」とは、この乱世において勝ち残りの存在となった
徳川家康(1543-1616年)で、そして「長い物に巻かれる」こともやむを
得ないと考えたのが、時の前田家です。

豊臣政権において家康と並んで重鎮の立場にあった先代・前田利家
(1539?-1599年)が主君・豊臣秀吉(1537-1598年)の後を追うように
亡くなった後の時局を、故利家妻・芳春院(まつ/1547-1617年)は冷静な
目で見つめていました。
そして、現在の前田家が勢いのある家康と対峙するのは「とてもじゃないが
無理」との思いを抱き、結局は「長い物に巻かれる」道を容認する気持ちに
至っていたのです。

ところが同じ時期、一方でこの家康に対して「長い物には巻かれよ」とは
考えなかった人物もいました。
それが太閤・秀吉亡き後の豊臣家の実質的トップに立った淀殿(秀吉側室/
1569-1600年)です。
圧倒的な力を備え、豊臣家の天下を乗っ取るが如きの振る舞いを続ける
家康に対して、道義・倫理の面からも大きな不快感を覚えていたからです。

要するに、天下を手中に収めようと動く徳川家康に対して、豊臣側にあった
二人の女性、前田家・芳春院豊臣家・淀殿は、真逆な反応を示したことに
なります。
整理すれば、「長い物には巻かれよ」とする意識を心ならずも是認したのが
前田家・芳春院、その逆にこれを断固拒否したのが豊臣家・淀殿という
構図です。

家康は前田家に対し、恭順の証しとして芳春院を「人質」として江戸
住まいさせることを要求しました。 
早い話が、前田家の「降伏宣言」を求めたわけです。
そして前田家はこの要求を受け入れました。
ちなみに、大名が家康にその家族を「人質」として差し出したのは、これが
最初とされ、以後この方法が後に諸大名に対する「人質政策」として定着
していくことになります。

一方、それを潔しとしなかったのが豊臣家・淀殿で、あくまでも豊臣家を
護り切ろうと画策し、これより少し後の話になりますが、徳川家と戦う道、
言い換えるなら「家康征伐」?を選択しました。
〜豊臣政権を支えるべき五大老の役目にある家康殿が、その主家に逆らう
  なんて、とことん間違ったことじゃないの! ええぇ、そうでしょッ!〜


こうした思いに至ったのには、天下人だった秀吉の未亡人であり、そしてまた
現当主・秀頼の生母であるというプライドがあったからでしょう。
〜フンなにさっ! 昨日まで旦那様(秀吉のこと)の家臣に過ぎなかった
  家康殿がヨ、この私を「人質」にしようなんて、考え違い・思い上がりも
  甚だしいワ! 分をわきまえるべきでしょうに・・・フンなにさっ!〜


言うなれば、現在の状況はどうあれ、「かつての天下人の未亡人」という
プライドだけは従前のままですから、こうした気持ちに至るのは無理もない
ところです。


加賀百万石51 石碑淀殿51








「加賀百万石」を誇った前田家/「滅亡」に至った豊臣家(淀殿・豊臣秀頼)

 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑

では、真逆の行動に出た前田家豊臣家のその後はどうなったものか? 
ご承知の通り、「長い物には巻かれよ」という言葉通りの結果を招きました。
「巻かれる」ことを受け入れた前田家は、「加賀百万石」を築き、それを断固と
して拒んだ豊臣家は、天下分け目の「関ヶ原の戦い」(1600年)の後にも、
二度の家康征伐?「大阪の陣」(1614/1615年)に突き進んだ挙句に
ボコボコニされ、結局は滅亡に至ったのです。

ひょっとしたら、この豊臣家にも前田家同様に「豊臣百万石」?を残す
チャンスがあったのかもしれません。
それは、家康に対し恭順の意を示し、前田家と同様に「人質」として淀殿
差し出すことです。

これを、前田家の芳春院は見事に受け入れました。
夫・利家と共に乱世を生き抜いてきた彼女の「人生経験」の豊富さが時局を
読むだけの目をしっかり培っていたとも考えられます。

その一方で、豊臣家の淀殿はそこまで割り切った考えは持てなかったという
ことになりそうです。
なにぶんにも、夫が天下人だったという、あまりにも華やかな実績もあること
から、そのプライドを捨てることができなかった、またあるいは自らが下手に
出る、つまり相手に「頭を下げる」という行為が身に着いていなかったのかも
しれません。 

一口に言えば、乱世にあってもなお「お嬢様気分」から抜けきれなかった
「ロマンチスト」が豊臣家の淀殿であり、その点そういう甘えを自らの意思で
克服できた前田家の芳春院は、その逆に「リアリスト」だっというも言えそうです。

ともかく、「長い物には巻かれよ」という言葉を実行に移した前田家は後に俗に
「加賀百万石」と称されるまでになり、それをしなかった?できなかった?
豊臣家が滅亡に至ったことが歴史の事実として残されているわけです。

するか、しないか・・・そこに慄然とするするほどに大きな差を生むことを知った
筆者なぞは、我が身の滅亡を避けたい一心でその邪魔になるプライドの一切を
潔く捨てることにして、それ以降は、
「長い物にはもちろん、短い物にも巻かれっぱなし」
これを人生のモットーにしているくらいのものです。

もっとも、この真摯な姿を、陰で「気概のない奴」とか、はたまた「とことん
人畜無害の輩」と評している他人もいることを耳にもしますが、その点に
ついてはとんと平っちゃらです。 

な〜に、それを気にするようでは、「長短問わず何にでも巻かれっぱなし」
いう、清々しく凛とした人生モットーを全うできるものではありません。
ですから、これきしのことでめげるハズもありませんのじゃ!



 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑



−−−これまでの 「言葉」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−−
429 日本史の「言葉」24 西洋人がなぜ"南蛮人"なの? 南蛮って舶来ッ!
416 日本史の「言葉」23 恐ろしいものを二人見た 恐ろしいって誰のこと?
384 日本史の「言葉」22 明治維新の四文字熟語 分かったつもりだけど
358 日本史の「言葉」21 幕末志士の日本史読本 みんなが読んでいた?
318 日本史の「言葉」20 十万犠牲者”諸宗山”の弔い 宗旨宗派は棚上げ
304 日本史の「言葉」19 漢字よりアルファベットだ! 憧れの簡便26文字?
293 日本史の「言葉」18 ”不徳の致すところ”物語 不徳?偶然?この不幸
267 日本史の「言葉」17 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる 継続こそ力なり?
248 日本史の「言葉」16 自作自演はなぜ”狂言”? 滑稽劇は騙す意味?
232 日本史の「言葉」15 根も葉もある嘘八百 神話の醍醐味は嘘にある!
199 日本史の「言葉」14 人命は地球より重い 現実軽視はカッコ良い?
171 日本史の「言葉」13 金も無けれど死にたくも無し 先見眼はあるゾ!
164 日本史の「言葉」12 水道の水で産湯をつかる 江戸っ子の自慢でぃ!
143 日本史の「言葉」11 三下半(みくだりはん) 夫婦離婚のお作法?
137 日本史の「言葉」10 越すに越されぬ大井川 同業者組合の圧力が?
124 日本史の「言葉」09 奢る義経も久しからず 再起断念の大失態!
113 日本史の「言葉」08 女サンガイに家なし 標語と実態は違って当然!
098 日本史の「言葉」07 勝てば官軍・死人に口なし 敗者に発言権はない!
089 日本史の「言葉」06 方便?非武装中立 万年野党の窮余の一策?
085 日本史の「言葉」05 唆(そそのか)す 言葉のパワーが人間を動かす?
072 日本史の「言葉」04 男女平等・女流名人 平等なら”女流”とは一体?
061 日本史の「言葉」03 士農工商 そうあって欲しかっただけの努力目標?
045 日本史の「言葉」02 敵国降伏 みんなで祈れば敵だってお手上げだ!
038 日本史の「言葉」01 もったいない 日本語だけにある不思議な言葉!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・400記事一覧〜 301−400編 颯爽ろくでな史!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・300記事一覧〜 202−299編 堂々肩すか史!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





アリの生態と分類 南九州のアリの自然史/山根正気/原田豊/江口克之【2500円以上送料無料】
オンライン書店boox
著者山根正気(著) 原田豊(著) 江口克之(著)出版社南方新社発行年月2010年05月ISBN978

楽天市場 by アリの生態と分類 南九州のアリの自然史/山根正気/原田豊/江口克之【2500円以上送料無料】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「言葉」25 長い物には巻かれよ 戦国版 ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる