アクセスカウンタ

<<  2017年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
日本史の「タブー」01 天下人を脅した鬼作左
日本史の「タブー」01 天下人を脅した鬼作左 徳川家康(1543-1616年)の祖父・清康、次いでその子・広忠、さらには家康と 徳川家三代に仕えた譜代の臣・本多作左衛門重次(1529-1596年)は、特に 武勇に秀でたものがあったことから、「鬼作左」と綽名されたそうです。 その豪胆さは、戦時ばかりか平時においても遺憾なく発揮され、主君・家康 にも遠慮なく諫言した人物としても有名です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/30 00:01
日本史の「事始め」14 流人”第一号”の半世紀
日本史の「事始め」14 流人”第一号”の半世紀 苦労の末に手にした自らの権力を我が子・秀頼に継承させるべく心を砕いた 晩年の豊臣秀吉(1537-1598年)は、その政権運営を配下の有力武将、 いわゆる「五大老」にサポートさせる体制を整えました。 その「五大老」の中には徳川家康・前田利家・毛利輝元らに混じって、 秀吉に可愛がられて猶子となった武将「宇喜多秀家」(1572-1655年)の名も ありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 00:01
日本史の「微妙」01 江戸民族?のお仕事ぶり
日本史の「微妙」01 江戸民族?のお仕事ぶり 現代の「お仕事ぶり」はといえば、概ねのところ、「週休2日・40時間労働」が 一つの基準になっています。 もっともこれは建前であり、必ずしも遵守されているとは言い切れません。 過労死などの報道に接することも少なくないからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 00:01
日本史の「陰謀」21 歴史用語はブランド志向?
日本史の「陰謀」21 歴史用語はブランド志向? 多数の人物、あるいは出来事の中から、傑出した三人(三つ)を選んで、 「三○○」とか「三大××」との名称を付けて呼ぶことはさほど珍しいこと でもありません。 たとえば人物なら、「三英傑」※1や「維新の三傑」※2が そうですし、出来事なら「江戸幕府の三大改革」※3もその法則?に バッチリ当てはまっています。 ※1 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康 ※2 西郷隆盛(薩摩)・大久保利通(薩摩)・木戸孝允(桂小五郎/長州) ※3 享保(将軍・吉宗)・寛政(老中・松平定信)・天保(老中・水野忠邦)... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/15 00:01
日本史の「災難」05 百姓って誰のことさ?
日本史の「災難」05 百姓って誰のことさ? 「士農工商」とは、元々は中国・儒教が生んだ概念であり、日本では 江戸時代の身分序列を表わしたものとされています。 ところが、その下にさらに付け加えた「士・農・工・商・穢多・非人」という 表現もあったようで、これが部落差別を連想させる不適切?な言葉と されました。 その共犯?と見做されたものか、現在では元々の「士農工商」までもが 放送禁止(自粛)の扱いになっているとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 00:01
日本史の「列伝」15 できるの?藩主の脱藩
日本史の「列伝」15 できるの?藩主の脱藩 その藩の籍から離れ、主従関係を解消する「脱藩」・・・この経験を持つ人物は 幕末に限っただけでも、すぐさま何人かの名を挙げることができます。 たとえば、長州藩士・吉田松陰(1830-1859年)は、我が目で東北の状況を 確かめるべく旅行を計画したものの、藩の許可発行が遅れたため、しびれを 切らして出発・・・これで脱藩。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/05 01:30

<<  2017年4月のブログ記事  >> 

トップへ

ヤジ馬の日本史 2017年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる