アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
日本史の「アレンジ」16 悲運に遭遇!公武合体
日本史の「アレンジ」16 悲運に遭遇!公武合体 「都市伝説」かもしれませんが、こんなお話が残されています。 ある時、舞踊家イサドラ・ダンカン※1(女性)が、作家バーナード・ ショー※2(男性)にこう言って結婚を申し込んだ。 〜貴男の頭脳と私の肉体を持った子供が生まれたら、   どんなにかすばらしい事でしょう〜  ところがショーはこう答えて辞退した。 〜私の肉体と貴女の頭脳を持った子供が生まれたら、   どんなにか大変ですよ〜 ※1 モダンダンスの祖と言われる(1878-1927年)アメリカ ※2 「皮肉屋」としても有名な作家... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/25 00:01
日本史の「陰謀」20 確信犯?”殺生関白”を吹聴す
日本史の「陰謀」20 確信犯?”殺生関白”を吹聴す 何が違うの?・・・大方はこのくらいの説明になっています。 摂政 → 天皇に代わって「政(まつりごと)を摂(と)る」       女性・幼年・病弱の天皇に代わって政務を執り行う。       いわば「天皇の代理人」で、政策決済権を有する。       ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/20 00:01
日本史の「誤算」04 武士団スフィンクスに立つ
日本史の「誤算」04 武士団スフィンクスに立つ あまり有名な出来事ではない(筆者の無知?)かもしれませんが、 1864年のこと、備中国(現:岡山県)井原領主・池田長発 (ながおき/当時28歳/1837-1879年)をリーダーとした34名からなる 「遣欧使節団」が幕末の日本を離れ、遠くフランスへ渡航した 事実があります。  これより2年ほど前の「文久遣欧使節」を第1回とするなら、 これは第2回に当たるものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 01:35
日本史の「油断」06 龍馬はどれ?”○○屋事件”
日本史の「油断」06 龍馬はどれ?”○○屋事件” 寺田屋と池田屋・・・坂本龍馬(1836-1867年)の暗殺現場は どっちだっけ? 一瞬迷いが走りますが、どっこい、意地の悪いことに正解は 「近江屋」なんですねぇ、これが。 ちなみに(どうでもいいことですが)、筆者の町の「酒店」は 由緒正しく屋号「三河屋」を名乗っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/10 00:15
日本史の「発明発見」15 霊薬は蓬莱島に”あつた”!
日本史の「発明発見」15 霊薬は蓬莱島に”あつた”! 〜不老不死 こんなものかと 見る造花〜  とあるお寺の掲示板で見かけた言葉ですが、思わず唸って しまいました。 〜うまい!座布団一枚ッ!〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 00:01

<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

ヤジ馬の日本史 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる