ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「逆転」19 金と銀に見る三英傑の遺伝子?

<<   作成日時 : 2016/09/20 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

金貨と銀貨/金メダルと銀メダル/金婚式と銀婚式、これらを
比べてみると、いずれの場合も「金」の方が「銀」より立派、
あるいは格上というイメージになっています。
では「金庫」「銀行」、この場合はどうだ?

その実態や法律的な定義はよく知りませんが、個人的には、
扱う資金も営業エリアも「(信用)金庫」より「銀行」の方が
大規模な印象があって、つまり一般通念?とは逆の言葉遣いに
なっているように感じられます。
では、なぜそんな「用語」になったものか?

「銀行」の命名には下記の経緯があったようです。
〜英語の「Bank」を翻訳するに当たり、お金(金銀)を扱う店との
  発想から、中国語で「店」を意味する「行」を用い、「金行」
  あるいは「銀行」という案が候補に挙がった・・・その中から
  最終的に語呂のよい「銀行」を採用した〜


だったら、「金庫」の方は? う〜ん、こちらは少々複雑です。
お話は、そもそもは明治維新(1867年)から始まります。
維新の結果、資本の集中が激化したために「協同組合」もどき
の金融組織が林立したと思ってください。 

沢山登場したことは、それはそれで意義のあることですが、
とにかく時代の変わり目ですから、法整備も十分でなく、また
利用を望む者にとっても非常に分かりにくいものだったようです。
このことが原因で、農民や中小企業者が貧窮に陥ることも少なく
ない状況が長きに渡り続いていました。 

ウーム、これではイカン!と考えた大蔵省の下で、いざ法整備に
努めてはみたものの、なかなかどうして一朝一夕に解決できる
ものでもありません。
そうしたすったもんだ紆余曲折を経た末に、これら多種多様な
「組合」にやっとのこと一応の形を見たのが1951年(昭和26年)
ことでした。
そうした中に、経済的弱者向けの円滑な金融を図ることを目的と
して設けられた「信用組合」(1900年)も含まれていました。

実はこの際、「組合」の多くは「相互銀行」や「信託銀行」など、
「銀行」が付く名称に変更しました。 
そこには既存の「銀行」に対する一種の憧憬・羨望の気持ちが
働いていたのかもしれません。
ところがそれに対し、当時の「信用組合」関係者だけは、候補に
挙がっていた「信用銀行」や「庶民銀行」など、「銀行」が付く
名称案をキッパリ拒否しました。
〜儲け主義の“銀行”なんぞに成り下がりたくないッ!
青春熱血ドラマを彷彿とさせる、なんともカッコ良いセリフです。

その気迫に押されたものか、大蔵省側は当時は政府機関だけ
(「金は銀よりも上」として)使っていた「金庫」※1の名称使用を
許すこととしました。 晴れて「信用金庫」※2の誕生です。
※1 庶民金庫/恩給金庫/復興金融金庫
※2 凄いことに「信用金庫」の英語表記は、まんまShinkin Bank」とのこと。


こうした経緯を持つ「信用金庫」は、地元の中小企業を中心に
した資金融資を担うなど、その地域経済に欠かせない存在で
あることをアピールする意味もあってか、その多くが現在でも
「地域名+信用金庫」を名乗っています。→日本の信用金庫一覧

しかし、拠点地域もその業務内容も一目瞭然の、この「地域名+
信用金庫」型の店名構成?が、どれほど素晴らしく凄いこと
なのかは、残念ながら多くの利用者は自覚していません。
念の為にそうでない場合の混乱?も後段で紹介しておきます。


岡信資料館51 東海銀行51








岡崎信用”金”庫・資料館/(旧)東海”銀”

 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑

さて、筆者の生息地「愛知県」は、かつての「尾張国」(西部)と、
「三河国」(東部)が統合されたエリアです。
そして、戦国の世にこのエリアから登場したのが、尾張生まれの
織田信長(1534-1582年)と豊臣秀吉(1537-1598年)であり、三河で
生まれた徳川家康(1543-1616年)でした。 
ヨソの方はご存じないでしょうが、地元ではこのお三方を
「郷土(愛知県)の三英傑」と呼んでいます。

どちらかといえば、「尾張」出身の信長・秀吉はイケイケドンドン型
で、一方の「三河」出身の家康は、それとは異なって堅実型です。
なにせ、家臣の謀反により信長が、また秀吉が他ならぬ自分の
裏切り?で、それぞれ呆気なく滅んだ場面の”目撃者”?であり、
また”当事者”?ですから、家康がこう考えるのは当然でしょう。 
〜彼らのような”大ドジ”を踏まないためにも、イケドン一辺倒は、
  やっぱり “チェンジ!” しなくっちゃッ〜


でも、こんなところでなぜ「三英傑」なの?
実を言えば、尾張者信長・秀吉のパターンは「尾張の銀行」に、
一方、三河者家康のパターンは「三河の金庫」に、よく表れている
ように感じられたので、無理やり?の登場を願った次第です。
※以下には「実名」も登場しますが、そこに善意・悪意・他意を含んだものでは
  ないことを予めご理解ください。


(尾張の)名古屋には、かつて、公家の頂点に立つ超エリート
「五摂家」に擬(なぞら)えて、五つの超優良地元企業を指す
「名古屋の五摂家」という言葉がありました。 
その一つに挙げられていたのが「東海銀行」です。
ところが、この「東海銀行」、後に他行との統合(2002年以降)
重ねることで、とても一地方都市「名古屋」の企業とは言えない
ほどのエリアと規模に拡がっていきました。

他方、奇しくも家康の生誕地である(三河の)岡崎には、基本
通りに「地域名+信用金庫」を名乗る「岡崎信用金庫」が
その規模は着実に拡大しながらも、名を変えることもなく地道な
活動を続けています。
つまり、言葉を変えるなら、金融機関の人生哲学?そのものも
信長・秀吉の積極型「尾張の銀行」が、一方家康の堅実型
「三河の金庫」が踏襲してきたと言えなくもないわけです。

そこで、先の尾張「東海銀行」に戻ると、数多の変遷を経た末に、
現在ではその名も長くて複雑な「三菱東京UFJ銀行」になって
おり、そこにはかつての「東海銀行」の「と」の字もありません。
なんの、「東」の字が残っているではないか! 
いえいえ、これは「東京銀行」の「東」です。

その上に、新名称も「合併相手×3+銀行」のパターンになって
いるため、その分かりにくさたるや先の「地域名+信用金庫」の
比ではありません。 
ですから、今日もまたスマホを握って力むこんなオジサンの姿を
見ることになるのです。
〜ええぃ、何回言ったらわかるんだッ、だからよぉ、その、えぇと
  「東京三菱USJ銀行」に振り込めばいいんだってばッ!〜


難儀?試練?に真正面から取り組むその真摯な姿勢に茶々を
入れるつもりは毛頭ありませんが、でも冷徹な事実としては、
東京三菱の順が逆だしィ、それにUSJでもないしィ〜

※大抵は大阪のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を指す



 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑



−−−これまでの 「逆転」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−−
344 日本史の「逆転」18 ”夏の陣”二人の影武者 影武者・替え玉・ダミー
331 日本史の「逆転」17 隣国へ三里七里十里の渡し 東海道のバイパス
315 日本史の「逆転」16 アメでムチを忘れたか? 見栄ッ張りは限りなく
299 日本史の「逆転」15 世間は勝手?この落首 不満のタネは無尽蔵!
285 日本史の「逆転」14 維新”オセロゲーム”模様 全部が一気に裏返し
250 日本史の「逆転」13 武士団土壇場の女子パワー! 浮き足立つな!
238 日本史の「逆転」12 またか!殿中刃傷事件 一罰百戒も通じない?
225 日本史の「逆転」11 日本列島ウラオモテ 見慣れないから盲点に?
213 日本史の「逆転」10 貧乏だけど大金持ちだゾ 金はどこから流出した?
206 日本史の「逆転」09 虚像は実像を駆逐する 根も葉もあるウソ八百?
198 日本史の「逆転」08 世界遺産は○○のお蔭? 負の遺産?が脚光を!
181 日本史の「逆転」07 地名は”上”だが地図では”南”? 方向音痴なの?
177 日本史の「逆転」06 将軍家激震スキャンダル 権力抗争の黒い霧?
161 日本史の「逆転」05 切れない名君と斬る暗君 殿様が背負った新任務?
151 日本史の「逆転」04 武士の正座と胡坐 おお、足の裏同士がぴったり!
122 日本史の「逆転」03 秀吉のシックス・センス 窮地で発揮した超能力?
119 日本史の「逆転」02 木曽三川 レ・ミゼラブル! 積もった恨みが爆発!
107 日本史の「逆転」01 “謎の絵師”に謎はない 謎は後から作られた?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・300記事一覧〜 202−299編 堂々肩すか史!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「逆転」19 金と銀に見る三英傑の遺伝子? ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる