ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「アレンジ」14 ”LGBT”先人達の常識

<<   作成日時 : 2016/07/25 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

♪男と女の/間には/暗くて深い/川がある・・・
( 「黒の舟歌」 作詞:能吉利人 作曲:桜井順 歌:長谷川きよし/他)
その、男と女の間にある「暗くて深い川」に人権の光を当てた
新しい概念を現在「LGBT」という言葉で呼んでいます。

厳密ではないにせよ、「性的少数者」ほどの意味を表すこの
言葉を、日本でもそのまま「LGBT」としているのは、「性」と
いう人間の根源に触れる問題でもあり、「日本語」に直した場合
の新たな誤解・混乱を避けるための配慮でしょう。

さて、1990年代以降の新概念と言っていい「LGBT」とは、
こう説明されています。  Wikipedia「LGBT」より
性の多様性と性のアイデンティティからなる文化を強調する、
  以下の四つの頭文字を並べたもの〜

 
 L=女性同性愛者 (レズビアン・Lesbian)
 G=男性同性愛者 (ゲイ・Gay)
    B=両性愛者 (バイセクシャル・Bisexual)
T=性別越境者など (トランスジェンダー・Transgender)

要するに、従来は差別や蔑視の対象になりやすかった、こうした
性的志向や性自認にまつわる垣根を払い、人権問題として扱う
意思を示したものであって、事実国連をはじめとする国際機関
などの公文書でも、すでにこの言葉「LGBT」が使われています。
 
ですから、差別主義的?かつ過激な暴言?で注目を集めている
米国大統領候補・トランプ氏ですら、最終的にはこう発言せざる
を得ませんでした。 「LGBT」の権利を向上させていく〜

しかし、このことに「科学的証明」や「社会的対応」が整ったと
しても、「宗教的」な命題をクリアできたわけではありません。 
たとえば「キリスト教」なら、こんな疑問も浮上します。
〜神が「男」と「女」の二種類の人間を造ったのは、それだけを
  認め、それ以外は認めないとするご意思ではないのか?〜


この命題はうっかりするなら、こんな解釈にも繋がりかねません。
〜つまりのところ、神は「男と女」以外の性の在り方を祝福して
  おられない、ということになりゃせんか?〜
 

こうした思いは、「LGBT」の権利を否定することにもなりかね
ないために、やはり整合性のある「説明」が求められることに
なりそうです。 
しかしそこはキリスト教ですから、かつての「三位一体」説
ような新たな宗教理論を生み出すことで、うまく解決していく
ものと思われます。
 
※「父・子・精霊」は三つに見えるが、実は一体の神である。

アダムといヴ51 マークLGBT51












  アダムとイヴ/LGBTトイレマーク

 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑

ところが、キリスト教ばかりではなく、実は日本の信仰も同様に
新しい解釈を必要としているのかもしれません。
たとえば神話の世界なら、黄泉国(あの世)から帰ったイザナギが
(ミソギ)をした折に誕生した三貴子についてです。
※誕生順に、姉・アマテラス/?・ツクヨミ/弟・スサノオ

この内、アマテラスは女性、スサノオは男性とはっきり分かって
いますが、どんな事情があったものか、ツクヨミの性別について
は言葉を濁しています。

ですから、想像をたくましくするなら、ツクヨミが新概念「LGBT」
該当する存在だったことも考えられないわけでもありません。 
要するに、その解釈に「アレンジ」が加わる可能性もあるという
ことです。

さて、「LGBT」?ツクヨミの傍証になるのが、実は各々に委任
された仕事の内容です。
姉・アマテラスが「高天原」、弟・スサノオは「海原」を、つまり、
具体的な「エリア」を任されたのに対し、性別不明のツクヨミが
担当したのは、それとは整合性に乏しい、なんと「夜」でした。

「LGBT」の概念がなかった遥か昔々の出来事ですから、
そこに性別が不明確なツクヨミに対する偏見・差別があって、
こうした扱いをしたとも解釈できるわけです。

時代を下れば、戦国・江戸時代の大名・武将の間で盛んだった
とされる「衆道」も、新概念からすれば、「G」もしくは「B」
該当しそうです。

しかし、前田利家(1539?-99年)なぞは主君・織田信長(1534-82年)
の相手を務めたことを常々自慢していたそうですから、少なくとも
この当時のこうした人達の間には「G」「B」に対する偏見・差別
はなかったように見受けられます。 

また、幼少時の病弱・吃音の上に、容姿も優れなかったことで、
生母・江からの愛情を十分には授からなかったとされる徳川
第三代将軍・家光(1604-1651年)も、その傾向を感じさせる一人
です。
愛情不足から負った心の傷が後に「女性不信」という形で影を
落とし、正室を迎えてからも、夫婦として睦み合うこともなく
「家庭内別居」?を続け、もっぱら小姓を相手にしていたという
ことですから、この時期の家光は女性を愛せない「G」、また
後年側室に何人もの子供を産ませている事実を考慮するなら、
「B」に該当していたとも考えられます。

いずれにせよ、こうしたことが堂々と語られているのですから、
この頃の日本は、意外にも「時代意識」を数百年先取りしていた
とも言えるのかもしれません。

時代が進むにつれ「性を取り巻く世界」も複雑になってきている
のは事実ですが、そうした意識・理解を深めようとしても、単に
頭文字を並べただけの新語「LGBT」を連呼するだけでは、
その効果のほども疑問視されるところです。

試しに、こうした英文の「頭文字」を並べて作られた言葉を
クイズ風に並べてみましょう。
はたして、これらの言葉の意味を正しく説明できますか?
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
1/LSI  2/LDK  3/LGBT  4/LCC  5/LED  6/LPG
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

たった六つですが、なかなか全問正解とはいかないようですよ。

<答> 1・LSI=大規模集積回路 2・LDK=居間兼食堂兼台所 3・LGBT=上記 
4・LCC=格安航空会社 5・LED=発光ダイオード 6・LPG=液化石油ガス


 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑
          


−−−これまでの 「アレンジ」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−
347 日本史の「アレンジ」13 ”生類”その微妙な法解釈 可と否の判断基準
323 日本史の「アレンジ」12 一本刀二本差しおデコ留め 自傷の危険性は?
316 日本史の「アレンジ」11 二つの名前で出ています 長州侯の贈答品?
261 日本史の「アレンジ」10 ギョエテとは俺のことかと 本人が知らない名前
256 日本史の「アレンジ」09 耶蘇教・伴天連・切支丹 意外に素朴?な語源
244 日本史の「アレンジ」08 現代版”大八州”誕生す! 先祖返り?道州制
187 日本史の「アレンジ」07 ♪君が世はァ千代にィ・・・ 今も賛否両論が?
170 日本史の「アレンジ」06 将軍家は親戚頭に過ぎぬ! 真の主家は何?
149 日本史の「アレンジ」05 倶利伽羅峠のからくり 頭が燃える牛だって?
141 日本史の「アレンジ」04 女優の実写・アニメ・CG版? 一体なにがどれ?
136 日本史の「アレンジ」03 逆説の「歴史の海は・・・」 井沢元彦氏の視界!
118 日本史の「アレンジ」02 “××の変”は変ではないか? なぜ不統一?
111 日本史の「アレンジ」01 発明より改良が好き 民族の伝統なのか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・300記事一覧〜 202−299編 堂々肩すか史!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「アレンジ」14 ”LGBT”先人達の常識 ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる