ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「忘れ物」23 街道旅のトイレ事情

<<   作成日時 : 2016/04/30 00:02   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

たとえば、昔の人が江戸・日本橋から京都・三条大橋まで、
あるいはその逆でも同じですが、その道程490km余りの
「東海道五十三次」の旅に出たとします。 
車のない時代のことですから、老若男女を問わず嫌でもこの間
を歩き通さねばなりません。 (平均的には二週間ほどの行程?)

さてその場合、「宿場町」というサービス・エリア?がある地域は
ともかくとして、心配になるのはそうした施設のない場所での
「トイレ」です。 男性はまだしも、女性の旅人にとっては切実な
悩みであっただろうことは容易に想像できます。

ではこの問題に江戸日本人はどう対処していたのか?
江戸日本人にとって、この辺りのことはごく当たり前の日常です
から、積極的に記録に留めようとはしていません。

しかし、文化・習慣の異なる「外国人」はそれなりの好奇心を
向けたようで、実際いろいろな証言?記録?が残されています。 
その一つがケンペルのこんな紹介です。
※出島商館医師(ドイツ人/1651-1716年)1691年・1692年江戸参府

〜一般旅人向けのトイレは地元の百姓たちが自費で作った〜
ただ、当時の百姓たちによる一方的なボランティア活動?という
わけでもなく、実は持ちつ持たれつの仕組みになっていました。

要するに、旅人は地元百姓が用意したトイレを「便利」に使わせ
てもらう。 次にその「排泄物」はトイレ提供者である百姓の
所有物となって肥料として再利用される。
「排泄物」を「厄介物」として扱っている現代日本人とは違って、
江戸日本人はこれを貴重な「再資源」、つまり高品質な「肥料」
として受け止めていたわけです。

ですから、中には女性向け?の小奇麗なトイレづくりを目指した
者もいました。 女性が安心して使えるようなトイレなら、当然
利用者の増加も見込めるし、お目当ての「お宝」?も増えるわけ
ですから、そこはそれ知恵の絞りどころです。

その上に百姓からすれば、粗食の自分達よりはグルメ?で
あろう旅人達の「糞尿」であれば、「再資源」(肥料)としての
価値?性能?もその分高いはずだということになりますから、
実にうまくできた「持ちつ持たれつ」の仕組みです。

観光客が地元に「落とす金」に関心を寄せる現代日本とは一味
違って、江戸日本は地元に「落とす糞尿」にも大いなる注目を
寄せていたことになりそうです。


リサイクル下肥51 リサイクル布51
 








 リサイクル/下肥え   リサイクル/布地

 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑

ただ、こうした文字だけの案内だと「結構ずくめ」に見えますが、
どっこいそうは問屋が卸さない。
「水洗トイレ」のイメージしか持てない現代日本人には分かり
にくくなっている「悪臭」という大問題がありました。
当時はこれを「当たり前」のこととして放置していたのです。

先のケンペル氏もこう評しています。
〜地面と同じ高さに埋め込んだ蓋もなく開け放しの桶の中に、
  この悪臭を発するものが貯蔵されている〜

これは、いわゆる「肥溜め」のことでしょう。 
つまり、トイレをいくら小奇麗に作ったとしても、それを集めて
蓄える「肥溜め」はそうはいかなかったということです。

さらにツンベリーになると、こんなリアル?な報告も。
〜その多くは通行人が吐き気を催すような堪え難い悪臭を
  発し・・・鼻に詰め物をしたり、香水を振りまいてもまったく
  無駄なくらい強烈である、ぐへッ!〜

※出島商館医師(スウェーデン人/1743-1828年)1776年江戸参府

気分を悪くさせるのが目的ではありませんので、ここらで止め
ますが、特筆すべきは、この悪臭フンプンに堪え「排泄物」まで
をも貴重な「再資源」としてリサイクル?に徹した江戸日本人の
生活態度です。

「物を捨てる」という発想は、おそらくハナから持ち得なかったで
しょうし、鎖国?にあって「輸入品」もゼロですから、見ように
よっては、現代日本人が理想とする「完全リサイクル社会」を
一足早く実現していたといえるのかもしれません。

あれから200年、何かにつけ「再資源化」を訴える現代日本人
ですが、反面では飲料水と同じ水質の水を使って「排泄物」を
下水へ流すという傍若無人?な振る舞いもしています。

これによって、確かに「吐き気を催すような堪え難い悪臭」から
解放されることにはなりました。 
ところが、現に世界には安全な飲料水すら確保できない
数億人もの人達がいるのですから、このことに思いを馳せる
なら、正直これでいいのかと考えてしまいます。
※日本人が考える「安全」を基準にするなら、おそらくその数倍の人達。

そうは思いながらも、〜飲料水と同じ水質の水で「排泄物」を
流す〜
という行為を今日もまた繰り返してしまった罰当たりな
現代日本人・・・何を隠そう、実はワタシ自身のことですが、
それを棚上げしてもの申すなら、トイレの回数が多い人ほど、
さらに凶悪な罰当たり者ということにもなりそうです。

ウーム、そうすると、こういうことになるのかなぁ?
〜トイレを我慢できる奴ほど「エコ社会」に貢献している!〜




 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑
          


−−−これまでの 「忘れ物」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−
322 日本史の「忘れ物」22 幕末天然痘の震撼レポート 世界初?の種痘
297 日本史の「忘れ物」21 ♪酒と泪と男と女 実は酒と兔と御床と女かも?
278 日本史の「忘れ物」20 能はマルだが芝居はペケだ 学問と娯楽の差?
240 日本史の「忘れ物」19 ”士農工商”って放送禁止? 身分序列に非ず?
227 日本史の「忘れ物」18 泣きをみた?五人の天皇 南北朝泣き笑い?
208 日本史の「忘れ物」17 義経の常識のかけら 天才それとも欠陥人間か?
176 日本史の「忘れ物」16 反日は韓国人の証? 歴史歪曲言いたい放題!  
156 日本史の「忘れ物」15 ”生類”と”魔女”の背比べ? 優劣の判定は?
154 日本史の「忘れ物」14 アメリカ船はいつ来たか? 黒船来航の前史!
134 日本史の「忘れ物」13 いまさらですが“三種神器” 誰も見ていない?
127 日本史の「忘れ物」12 関東と関西の国境線? そこは戦場の最適地!
117 日本史の「忘れ物」11 時代の透明人間 発言できなかった多数派!
091 日本史の「忘れ物」10 コスプレの元祖? 心優しき神々の善意!
087 日本史の「忘れ物」09 歴史学者のミスリード “改革”なんて変すぎる!
081 日本史の「忘れ物」08 天孫降臨の錯覚 前後左右にも”天”はある!
075 日本史の「忘れ物」07 UFOの訪日と攘夷論 とりあえずやっつけよう!
068 日本史の「忘れ物」06 唯一のチベット寺院 寺から言霊まで勢ぞろい!
065 日本史の「忘れ物」05 やじろべえ国家 一極集中はそれだけで悪だ!
062 日本史の「忘れ物」04 幕府の無断転居 室町ってどこにあるのさ?
053 日本史の「忘れ物」03 信長と平和事始 それは平和への戦いだった!
051 日本史の「忘れ物」02 奥州四代の奇習 滅亡した独自の「死生観」とは?
048 日本史の「忘れ物」01 蓮如の業務改善 その昔も”カイゼン”はあった!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・300記事一覧〜 202−209編 堂々肩すか史!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「忘れ物」23 街道旅のトイレ事情 ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる